TOP > 人物表現 > 動作・仕草・クセ > 痙攣

TOP > 暮らしの表現 > 生と死 > 瀕死・虫の息


カテゴリ検索 単語の意味
鬼のような形相をして城山は痙攣をしている。彼を楽に死なせるものかと、見えない誰かが背を擦っているようにも見えた。
伊坂 幸太郎 / オーデュボンの祈り ページ位置:94% 作品を確認(amazon)
この表現が分類されたカテゴリ
痙攣 瀕死・虫の息
しおりに登録する
(せ)・・・1.背中。動物の胴体の背骨のある側。胸や腹と反対の面で、両肩の間から腰のあたりまでの部分。背面。
2 物の後ろ側。背面。
3.立っているものの、高さ。
......静香は疑いたくもなった。そうでなければ、至近距離で、胸や頭を撃ち抜かなかった理由がわからない。これでは、わざと苦しませるために、股間を狙ったとしか思えなかった。鬼のような形相をして城山は痙攣をしている。彼を楽に死なせるものかと、見えない誰かが背を擦っているようにも見えた。 眠気が襲ってきて、静香はいつの間にか、目を瞑っている。 起きた時には、樹の影の部分に仰向けで横になっていた。轟が面倒くさそうに近づいてくるのが見えた。城山は、......
痙攣の表現・描写・類語(動作・仕草・クセのカテゴリ)の一覧 ランダム5
このカテゴリを全部見る
瀕死・虫の息の表現・描写・類語(生と死のカテゴリ)の一覧 ランダム5
このカテゴリを全部見る
「動作・仕草・クセ」カテゴリからランダム5
「生と死」カテゴリからランダム5
カテゴリ検索 単語の意味
同じカテゴリの表現一覧
動作・仕草・クセ の表現の一覧 
生と死 の表現の一覧 
人物表現 大カテゴリ
表現の大区分