どうせ自分自身は電子か何かになって、箒星ほうきぼしのお先走りでもうけたまわるつもりでいたし

余命宣告・死の覚悟 の表現・描写・類語

TOP > 暮らしの表現 > 生と死 > 余命宣告・死の覚悟


カテゴリ検索 単語の意味
......に、眼に見えぬ網を張詰めて、グングンと自分の方へ手繰たぐり寄せつつあるのだ」 「……………」 「……しかし吾輩は元来そんな面倒な闘いにお相手になる必要はなかったのだ。どうせ自分自身は電子か何かになって、箒星ほうきぼしのお先走りでもうけたまわるつもりでいたし、一切の財産は軽少ながら、この真相の発表に対するお礼の印として、書類と一緒に一旦若林に預けて、君の頭が回復したのちに改めて引渡してもらう考えでいたし、又、発表の内......
夢野久作 / ドグラ・マグラ ページ位置:92% 作品を確認(青空文庫)
しおりに登録する

箒星(ほうきぼし)・・・彗星(すいせい)の和名。尾の伸びた姿が草ぼうきに似ることから。

次のカテゴリに分類されています。
余命宣告・死の覚悟
余命宣告・死の覚悟の表現・描写・類語(生と死のカテゴリ)の一覧 ランダム5
突然、死の割れ目が足もとに見えてきた
松本 清張 / 与えられた生「松本清張ジャンル別作品集(3) 美術ミステリ (双葉文庫)」に収録 amazon
このカテゴリを全部見る
「生と死」カテゴリからランダム5
カテゴリ検索 単語の意味
同じカテゴリの表現一覧
生と死 の表現の一覧 
暮らしの表現 大カテゴリ
表現の大区分