(口の中に灰を落とすタイプの)赤い達磨だるまの灰落しも、今朝最初に見た時の通りの方向を向いて、永遠の欠伸あくびを続けている

灰皿 の表現・描写・類語

TOP > 暮らしの表現 > 道具・家具 > 灰皿


カテゴリ検索 単語の意味
(口の中に灰を落とすタイプの)......と置き並べてあった。今朝けさ若林博士と一緒に這入って来て、初めて見た時の並び具合と一分一厘違わず……いじり散らした形跡なぞは微塵みじんもないように見えた。その横に座っている赤い達磨だるまの灰落しも、今朝最初に見た時の通りの方向を向いて、永遠の欠伸あくびを続けているのであった。  もっともそのうちでもカンバス張りの厚紙に挟まった「狂人の暗黒時代」のチョンガレ歌や「胎児の夢」の論文なぞいう書類の綴込つづりこみだけは、よく見ると確かに誰かが......
夢野久作 / ドグラ・マグラ ページ位置:97% 作品を確認(青空文庫)
しおりに登録する

永遠(えいえん・とわ)・・・ある状態が果てしなく続くこと。物事が変化しないこと。無窮(むきゅう)。永久(えいきゅう)。

次のカテゴリに分類されています。
灰皿
灰皿の表現・描写・類語(道具・家具のカテゴリ)の一覧 ランダム5
このカテゴリを全部見る
「道具・家具」カテゴリからランダム5
カテゴリ検索 単語の意味
同じカテゴリの表現一覧
道具・家具 の表現の一覧 
暮らしの表現 大カテゴリ
表現の大区分