TOP > 人物表現 > 歩く・歩き方 > 忍び足・静かに歩く


カテゴリ検索 単語の意味
ナメクジのようにひそやかな足取り
飯田 栄彦 / 昔、そこに森があった 作品を確認(amazon)
この表現が分類されたカテゴリ
忍び足・静かに歩く
しおりに登録する
足取り(あしどり)・・・1.歩くときの足の運び方。足つき。歩調。足で取る(=執る。事を行う)こと。「事務をとる」「指揮をとる」など。
2.その人の歩いた道筋。特に、犯罪者の逃走経路。足を取る(=自分のものにする。把握する)こと。「裏づけをとる」など。
3 過去の相場の動きぐあい。足(=相場の動きぐあい)を取ること。
蛞蝓(なめくじ)・・・マイマイ目の有肺類。カタツムリに似ているが、殻が退化し無くなった巻貝。腹面全体の伸縮によりゆっくりと這(は)い進み、這った跡には粘液の筋が残る。湿ったところに住み、塩をかけると体内の水分が出て、溶けたように小さくなる。野菜などの害虫。三すくみの伝承では蛇に勝ち蛙に負ける。
no data
忍び足・静かに歩くの表現・描写・類語(歩く・歩き方のカテゴリ)の一覧 ランダム5
このカテゴリを全部見る
「歩く・歩き方」カテゴリからランダム5
カテゴリ検索 単語の意味
同じカテゴリの表現一覧
歩く・歩き方 の表現の一覧 
人物表現 大カテゴリ
表現の大区分