TOP > 感覚表現 > 危険 > 危険を冒す・危険な賭け


カテゴリ検索 単語の意味
これが失敗したら、あとはもう首をくくるばかりだ、という神の存在をけるほどの決意をもっ
太宰治 / 人間失格 ページ位置:93% 作品を確認(青空文庫)
この表現が分類されたカテゴリ
危険を冒す・危険な賭け
しおりに登録する
首・頸・頚(くび)・・・1.頭と胴体をつなぐ細い部分。頸部(けいぶ)。また、「頭」そのものを指す場合もある。
2.1に似た役割を果たす部分や似た格好の部分。衣服の襟(首にあたる部分)。「びんの首」「セーターの首」など。
3.免職や解雇することをあらわす。首を切るという意味から。
......ているので、薬代の借りがおそろしいほどの額にのぼり、奥さんは、自分の顔を見ると涙を浮べ、自分も涙を流しました。  地獄。  この地獄からのがれるための最後の手段、これが失敗したら、あとはもう首をくくるばかりだ、という神の存在をけるほどの決意をもっ、自分は、故郷の父あてに長い手紙を書いて、自分の実情一さいを(女の事は、さすがに書けませんでしたが)告白する事にしました。  しかし、結果は一そう悪く、待てど暮......
危険を冒す・危険な賭けの表現・描写・類語(危険のカテゴリ)の一覧 ランダム5
このカテゴリを全部見る
「危険」カテゴリからランダム5
カテゴリ検索 単語の意味
同じカテゴリの表現一覧
危険 の表現の一覧 
感覚表現 大カテゴリ
表現の大区分