部屋は一種不可解な沈黙に覆われていた。広い屋敷に入ると時折これに似た沈黙に出会うことがある。広さに比べてそこに含まれる人間の数が少なすぎることから生ずる沈黙だ。しかしこの部屋を支配している沈黙の質はそれともまた違っていた。沈黙はいやに重く、どことなく押しつけがましかった。僕は昔そのような沈黙をどこかで経験した覚えがあった。(略)不治の病人をとりまく沈黙だった。避けがたい死の予感をはらんだ沈黙だ。空気がどことなくほこりっぽく、意味ありげだった。

声・口調室内(空間)が静か の表現・描写・類語

TOP > 感情表現 > 声・口調

TOP > 感覚表現 > 音の響き > 室内(空間)が静か


カテゴリ検索 単語の意味
......とテーブルの上にのびて、三分の一ばかり減った煙草をもみ消した。グラスの中で氷が溶け、透明な氷がグレープ・ジュースに混っていくのが見えた。不均一な混り方だった。 部屋は一種不可解な沈黙に覆われていた。広い屋敷に入ると時折これに似た沈黙に出会うことがある。広さに比べてそこに含まれる人間の数が少なすぎることから生ずる沈黙だ。しかしこの部屋を支配している沈黙の質はそれともまた違っていた。沈黙はいやに重く、どことなく押しつけがましかった。僕は昔そのような沈黙をどこかで経験した覚えがあった。しかしそれが何であったのかを思い出すまでに少し時間がかかった。僕は古いアルバムのページを繰るように記憶をたぐり、それを思い出した。不治の病人をとりまく沈黙だった。避けがたい死の予感をはらんだ沈黙だ。空気がどことなくほこりっぽく、意味ありげだった。「みんな死ぬ」と男は僕を見据えたまま静かに言った。まるで僕の心の動きを完全に把握していたようなしゃべり方だった。「誰だっていつかは死ぬんだ」 それだけ言ってしま......
村上 春樹「羊をめぐる冒険」に収録 ページ位置:32% 作品を確認(amazon)
しおりに登録する

孕む・妊む(はらむ)・・・1.妊娠する。胎内に子供ができる。
2.その中に何かを含み持つ。
3.植物の穂が出ようとして膨らむ。
何処とも無く(どこともなく)・・・はっきりとした場所は言えないが、なんとなく。どことなく。

次のカテゴリに分類されています。
黙る・沈黙 室内(空間)が静か
黙る・沈黙の表現・描写・類語(声・口調のカテゴリ)の一覧 ランダム5
このカテゴリを全部見る
室内(空間)が静かの表現・描写・類語(音の響きのカテゴリ)の一覧 ランダム5
このカテゴリを全部見る
「声・口調」カテゴリからランダム5
「音の響き」カテゴリからランダム5
カテゴリ検索 単語の意味
同じカテゴリの表現一覧
声・口調 の表現の一覧 
音の響き の表現の一覧 
感情表現 大カテゴリ
感覚表現 大カテゴリ
人物表現 大カテゴリ
表現の大区分