TOP > 食べ物表現 > 魚料理・加工品 > 塩辛


カテゴリ検索 単語の意味
イカの塩辛を生まれて初めて舐めたとき、何という世にも複雑な味だと思った
いかのしおからをうまれてはじめてなめたとき、なんというよにもふくざつなあじだとおもった
この表現が分類されたカテゴリ
塩辛
しおりに登録する
烏賊・柔魚(いか)・・・ツツイカ目とコウイカ目の軟体動物の総称。触腕(しょくわん)が1対、足が4対の計10本が口の周りにある。4対の足は多くの吸盤を具える。1対の触腕は非常に長く、先端だけに吸盤があって、伸ばして餌をつかむ。敵に会うと腹の中の墨を吹き出し、敵の目をあざむき逃げる。食用。「墨魚(ぼくぎょ)」とも。
no data
塩辛の味、おいしさを伝える表現・描写(魚料理・加工品のカテゴリ)の一覧 ランダム5
このカテゴリを全部見る
「魚料理・加工品」カテゴリからランダム5
カテゴリ検索 単語の意味
同じカテゴリの表現一覧
魚料理・加工品 の味・おいしさの表現の一覧 
食べ物表現 大カテゴリ
表現の大区分