TOP > 人物表現 > 思考・頭の中の状態 > 貧弱な発想・つまらないアイデア


カテゴリ検索 単語の意味
つまり智慧ちえの足りないところからいた孑孑ぼうふらのようなもの
夏目漱石 / 吾輩は猫である ページ位置:57% 作品を確認(青空文庫)
この表現が分類されたカテゴリ
貧弱な発想・つまらないアイデア
しおりに登録する
......だが、赤裸々をもって誇る主人としてはすこぶる卑劣である。しかし実のところ主人はこれほどけちな男ではないのである。だから主人のこの命令は狡猾こうかつきょくでたのではない。つまり智慧ちえの足りないところからいた孑孑ぼうふらのようなもの思惟しいする。飯を食えば腹が張るにまっている。切れば血が出るに極っている。殺せば死ぬに極まっている。それだからてば鳴くに極っていると速断をやったんだろう。しか......
貧弱な発想・つまらないアイデアの表現・描写・類語(思考・頭の中の状態のカテゴリ)の一覧 ランダム5
このカテゴリを全部見る
「思考・頭の中の状態」カテゴリからランダム5
カテゴリ検索 単語の意味
同じカテゴリの表現一覧
思考・頭の中の状態 の表現の一覧 
人物表現 大カテゴリ
表現の大区分