TOP > 食べ物表現 > 和食・日本料理 > 和食・日本料理全般


カテゴリ検索 単語の意味
四季の季節感と新鮮な素材の持ち味を生かした淡白な味、包丁さばきといわれる繊細なワザ、形や色彩の美しさを重んじる盛り付け、器の多様性と芸術性が特徴で、目で楽しむ料理といわれている
しきのきせつかんとしんせんなそざいのもちあじをいかしたたんぱくなあじ、ほうちょうさばきといわれるせんさいなわざ、かたちやしきさいのうつくしさをおもんじるもりつけ、うつわのたようせいとげいじゅつせがとくちょうで、めでたのしむりょうりといわれている
この表現が分類されたカテゴリ
和食・日本料理全般
しおりに登録する
重んじる(おもんじる)・・・尊重する。考え方や気持ちやしきたりなどを大切にする。
no data
和食・日本料理全般の味、おいしさを伝える表現・描写(和食・日本料理のカテゴリ)の一覧 ランダム5
このカテゴリを全部見る
「和食・日本料理」カテゴリからランダム5
カテゴリ検索 単語の意味
同じカテゴリの表現一覧
和食・日本料理 の味・おいしさの表現の一覧 
食べ物表現 大カテゴリ
表現の大区分