TOP > 人物表現 > 動作・仕草・クセ > 寄り掛かる・もたれる・身を預ける


カテゴリ検索 単語の意味
大きな図体の癖に今度はまるで手も足もない赤児のようなお前によろよろとりかかろうとしている。
岡本かの子 / 雛妓 ページ位置:49% 作品を確認(青空文庫)
この表現が分類されたカテゴリ
寄り掛かる・もたれる・身を預ける
しおりに登録する
足・脚・肢(あし)・・・1.動物の胴体の下から左右に分かれて伸びている部分で、歩いたり体を支えるのに用いる部位。とくに、足首から下の部分をさすこともある。
2.台を支える棒状の部分。物の本体を支える、突き出た部分。また、地面に接する部分や、物の下や末端部分。「テーブルの足」
3.歩くこと。走ること。また、その能力。「足が速い選手」
4.行くこと。また、来ること。また、そうするための手段や乗り物。「客の足がとだえる」「足の便がいい」
5. 餅(もち)などの粘り。こし。
6.損失。欠損。借金。また、旅費。
7.その他、足の形や動きから連想されできた表現として、
・食べ物の腐りぐあいや、商品の売れ行き。「足がはやい」
・(脚)漢字を構成する部分で、上下の組み合わせからなる漢字の下側の部分。「照」の「灬(れっか)」、「志」の「心(したごころ)」など。
・雨や雲、風などの動くようす。「細い雨の足」
・(足)過去の相場の動きぐあい。
......そうじゃない」  そして、わたくしの肩をぐさとつかみ、生唾なまつばを土手の若草の上に吐いて喘ぎながら言った。 「おやじが背負い残した家霊の奴め、この橋くらいでは満足しないで、大きな図体の癖に今度はまるで手も足もない赤児のようなお前によろよろとりかかろうとしている。今俺にそれが現実に感じられ出したのだ。その家霊も可哀かわいそうならおまえも可哀そうだ。それを思うと、俺は切なくてやり切れなくなるのだ」  ここで、逸作は橋詰の茶店に向っ......
寄り掛かる・もたれる・身を預けるの表現・描写・類語(動作・仕草・クセのカテゴリ)の一覧 ランダム5
このカテゴリを全部見る
「動作・仕草・クセ」カテゴリからランダム5
カテゴリ検索 単語の意味
同じカテゴリの表現一覧
動作・仕草・クセ の表現の一覧 
人物表現 大カテゴリ
表現の大区分