TOP > 人物表現 > >


カテゴリ検索 単語の意味
(膝の裏側の部分)日に当たらないために生白く、のっぺりと平らで、青い血管が何本か見える。形も色もあまりに無防備で、つい先刻まで、そこに何かがはりついていたのを、むりやりはがして、初めて外気にさらされた、という感じ
ひにあたらないためになまじろく、のっぺりとたいらで、あおいけっかんがなんぼんかみえる。かたちもいろもあまりにむぼうびで、ついせんこくまで、そこになにかがはりついていたのを、むりやりはがして、はじめてがいきにさらされた、というかんじ
三浦朱門 / 箱庭 作品を確認(amazon)
この表現が分類されたカテゴリ
しおりに登録する
先刻(せんこく)・・・1.さきほど。さっき。
2.その時点すでに事が終了しているさま。すでに。前から。
生っ白い・生白い(なまっちろい・なまじろい)・・・いくらか白い。変に白い。顔色や肌が病気のように白い。
憖・憖っか(なまじ・なまじっか)・・・
(ひざ)・・・1.足の関節部で、腿(もも)と脛(すね)とを繋ぐところの前面。腿と脛の境の前面部。膝頭(ひざがしら)。
2.座ったときの、腿の上側にあたる部分。大腿部(だいたいぶ)。
no data
膝の表現・描写・類語(足のカテゴリ)の一覧 ランダム5
このカテゴリを全部見る
「足」カテゴリからランダム5
カテゴリ検索 単語の意味
同じカテゴリの表現一覧
足 の表現の一覧 
人物表現 大カテゴリ
表現の大区分