TOP > 食べ物表現 > いも類 > 山芋


カテゴリ検索 単語の意味
(とろろ飯)別に変った作り方でもなかったが、き立ての麦飯の香ばしい湯気に神仙の土のような匂いのする自然薯じねんじょは落ち付いたおいしさがあった。私は香りを消さぬように薬味の青海苔のりらずにわんを重ねた。
岡本かの子 / 東海道五十三次 ページ位置:22% 作品を確認(青空文庫)
この表現が分類されたカテゴリ
山芋
しおりに登録する
(つち)・・・岩石と有機物が混じって細かい粉末状になったもの。有機物は、生物の死骸およびその腐敗物、微生物などから構成されている。砂(有機物が含まれない)とは違い、植物が育ちやすい。
......の態度としては、寂しいものがあった。私は気をまぎらす為めに障子を少し開けひろげた。  午前の陽は流石さすがまぶしく美しかった。老婢が「とろろ汁が出来ました」と運んで来た。別に変った作り方でもなかったが、き立ての麦飯の香ばしい湯気に神仙の土のような匂いのする自然薯じねんじょは落ち付いたおいしさがあった。私は香りを消さぬように薬味の青海苔のりらずにわんを重ねた。  主人は給仕をする老婢に「皆川老人は」「ふじのや連は」「歯磨き屋は」「彦七は」と妙なことをき出した。老婢はそれに対して、消息を知っているのもあるし知らないのも......
山芋の味、おいしさを伝える表現・描写(いも類のカテゴリ)の一覧 ランダム5
このカテゴリを全部見る
「いも類」カテゴリからランダム5
カテゴリ検索 単語の意味
同じカテゴリの表現一覧
いも類 の味・おいしさの表現の一覧 
食べ物表現 大カテゴリ
表現の大区分