蚕が桑を食べている音が四六時中雨のようにしている家

家の佇まい・外観 の表現・描写・類語

TOP > 風景表現 > 家・建物 > 家の佇まい・外観


カテゴリ検索 単語の意味
蚕が桑を食べている音が四六時中雨のようにしている家
かいこがくわをたべているおとがしろくじちゅうあめのようにしているいえ
小川国夫 / 小川国夫作品集〈第2巻〉(里にしあれば) 作品を確認(amazon)
しおりに登録する

(かいこ)・・・カイコガの幼虫。普通、4回脱皮した後、白くて俵型の繭(まゆ)を作る。繭は絹糸の原料になるため、古くから養蚕(ようさん[=蚕を飼うこと])されてきた。野生では生活できず「飼い子」が名前の由来とされる。

次のカテゴリに分類されています。
家の佇まい・外観
家の佇まい・外観の表現・描写・類語(家・建物のカテゴリ)の一覧 ランダム5
このカテゴリを全部見る
「家・建物」カテゴリからランダム5
カテゴリ検索 単語の意味
同じカテゴリの表現一覧
家・建物 の表現の一覧 
風景表現 大カテゴリ
表現の大区分