家の中はあいかわらずしんとしていた。まるで防ぎようのない伝染病のように死の粒子が家じゅうに漂っていた。

室内(空間)が静か の表現・描写・類語

TOP > 感覚表現 > 音の響き > 室内(空間)が静か


カテゴリ検索 単語の意味
......私の人生にはもう殆んど意味なんてないからね」 そして彼は黙った。僕も黙っていた。蟬だけがまだ鳴いていた。庭の樹木が夕暮近くの風に葉をさらさらとすりあわせていた。家の中はあいかわらずしんとしていた。まるで防ぎようのない伝染病のように死の粒子が家じゅうに漂っていた。僕は先生の頭の中の草原を思い浮かべてみた。草は枯れ、羊の逃げ出したあとの茫漠とした草原。「もう一度言うが、君が写真を手に入れたルートを教えてほしい」と男は言った......
村上 春樹「羊をめぐる冒険」に収録 ページ位置:39% 作品を確認(amazon)
しおりに登録する


次のカテゴリに分類されています。
室内(空間)が静か
室内(空間)が静かの表現・描写・類語(音の響きのカテゴリ)の一覧 ランダム5
このカテゴリを全部見る
「音の響き」カテゴリからランダム5
カテゴリ検索 単語の意味
同じカテゴリの表現一覧
音の響き の表現の一覧 
感覚表現 大カテゴリ
表現の大区分