TOP > 風景表現 > > 春の夕方・夜

TOP > 風景表現 > 空・中空 >


カテゴリ検索 単語の意味
水っぽい春の月
吉川英治 / 無宿人国記 ページ位置:36% 作品を確認(青空文庫)
この表現が分類されたカテゴリ
春の夕方・夜
しおりに登録する
春の月(はるのつき)・・・春の、いくらかボンヤリとしてほのぼのした風情の月。
......、彼の前にちらついた。 「はてな、俺は恋を? ……」  一度思った女は、きっと、命がけでも取ってきた一角の経験と興味が、また、春と一緒に、胸の中に、頭をもたげだした。水っぽい春の月――風のぬるい春の晩が――妙に彼の血を駆り立てた。  だが、恋はしても、恋には悩まない一角だった。いや、悩んでいる時間すら持たない男だった。おしというか、自信という......
春の夕方・夜の表現・描写・類語(春のカテゴリ)の一覧 ランダム5
このカテゴリを全部見る
月の表現・描写・類語(空・中空のカテゴリ)の一覧 ランダム5
このカテゴリを全部見る
「空・中空」カテゴリからランダム5
「春」カテゴリからランダム5
カテゴリ検索 単語の意味
同じカテゴリの表現一覧
空・中空 の表現の一覧 
春 の表現の一覧 
風景表現 大カテゴリ
表現の大区分