(扇状の野外音楽堂)ステージから最も遠い外周を僕は歩いている。夏一斉に蝉が鳴く午前中の林そっくりだと思いながら。最後列の座席に沿って歩く。(略)(客が)音に会わせて揺れ、巨大な一つのざわめきを作る。(略)空気の振動を一身に集めて反り返りまた前へのめる。

演劇・芝居・舞台 の表現・描写・類語

TOP > 暮らしの表現 > 趣味・娯楽 > 演劇・芝居・舞台


カテゴリ検索 単語の意味
(扇状の野外音楽堂)ステージから最も遠い外周を僕は歩いている。夏一斉に蝉が鳴く午前中の林そっくりだと思いながら。最後列の座席に沿って歩く。(略)(客が)音に会わせて揺れ、巨大な一つのざわめきを作る。(略)空気の振動を一身に集めて反り返りまた前へのめる。
村上 龍 / 限りなく透明に近いブルー 作品を確認(amazon)
しおりに登録する

蝉・蟬(せみ)・・・1.セミ科の昆虫を総称。夏に鳴く虫の代表。羽を畳んで木に止まり、雄は高い声で鳴きたてる。幼虫は数年かかって成虫になるが、成虫の寿命は10日から20日と短い。
2.高いところに物を引き上げるときに使う、小さな滑車。
沿う・添う・副う(そう)・・・1.(「沿う」と書いて)長い線状のものの近くを離れずに平行に進む。つたっていく。
2.(「沿う」「添う」「副う」と書いて)期待されるところから外れない状態を保つ。ある基準から離れないようにする。

次のカテゴリに分類されています。
演劇・芝居・舞台
演劇・芝居・舞台の表現・描写・類語(趣味・娯楽のカテゴリ)の一覧 ランダム5
このカテゴリを全部見る
「趣味・娯楽」カテゴリからランダム5
カテゴリ検索 単語の意味
同じカテゴリの表現一覧
趣味・娯楽 の表現の一覧 
暮らしの表現 大カテゴリ
表現の大区分