TOP > 暮らしの表現 > 生と死 > 瀕死・虫の息


カテゴリ検索 単語の意味
まだ生きているという事実を確かめたいために、重いまぶたを開いて、じっとともし火の光を見た。
芥川龍之介 / 偸盗 ページ位置:89% 作品を確認(青空文庫)
この表現が分類されたカテゴリ
瀕死・虫の息
しおりに登録する
目縁・眶(まぶち)・・・目の縁(ふち)。目の周囲。また、まぶた。眶(まなかぶら・まかぶら)。
(まなかぶら・まかぶら・まぶち)・・・目の縁(ふち)。目の周囲。また、まぶた。
......中には「ほう、やれ」と拍子をとったものもあった。二三人が、肩をゆすったけはいで、息のつまったような笑い声を立てる。――猪熊いのくまおじは、総身そうみをわなわなふるわせながら、まだ生きているという事実を確かめたいために、重いまぶたを開いて、じっとともし火の光を見た。ともしは、その炎のまわりに無数の輪をかけながら、執拗しゅうねい夜に攻められて、心細い光を放っている。と、小さな黄金虫こがねむしが一匹ぶうんと音を立てて、飛んで来て、その光の輪にはいっ......
瀕死・虫の息の表現・描写・類語(生と死のカテゴリ)の一覧 ランダム5
このカテゴリを全部見る
「生と死」カテゴリからランダム5
カテゴリ検索 単語の意味
同じカテゴリの表現一覧
生と死 の表現の一覧 
暮らしの表現 大カテゴリ
表現の大区分