TOP > 風景表現 > 水面・水中・水辺 > 時化・海が荒れる、波立つ


カテゴリ検索 単語の意味
重たく垂れこめた雨雲と、果てしない怒濤の荒海との見境いもつかぬ遠い涯から、荒波のうねりが幾十条となくけもののようにおしよせて来ていた。
田宮 虎彦 / 足摺岬 作品を確認(amazon)
この表現が分類されたカテゴリ
時化・海が荒れる、波立つ
しおりに登録する
うねり(うねり)・・・うねること。

1.大きく緩やかに曲がりくねること。大きく緩やかに上がったり下がったりすること。
2.1の状態が続くこと。1の状態がとどめ難い勢いで攻めてくること。「感情のうねり」「業界再編のうねりの中で」
no data
時化・海が荒れる、波立つの表現・描写・類語(水面・水中・水辺のカテゴリ)の一覧 ランダム5
このカテゴリを全部見る
「水面・水中・水辺」カテゴリからランダム5
「天災・荒れた天気」カテゴリからランダム5
カテゴリ検索 単語の意味
同じカテゴリの表現一覧
水面・水中・水辺 の表現の一覧 
天災・荒れた天気 の表現の一覧 
風景表現 大カテゴリ
表現の大区分