TOP > 風景表現 > > 春の空

TOP > 風景表現 > 晴れ・曇り > 曇り空・曇天


カテゴリ検索 単語の意味
その年の春は曇りの日が多かった。毎日空が冷たいすりガラスに包まれたようだった。公園のシーソーも駅前広場の花時計もガレージの自転車も、くすんだ光に閉じ込められていた。いつまでたっても街が冬の名残りから抜け出せないでいた。
小川 洋子 / ドミトリイ「妊娠カレンダー (文春文庫)」に収録 ページ位置:14% 作品を確認(amazon)
この表現が分類されたカテゴリ
春の空 曇り空・曇天
しおりに登録する
花時(はなどき・かじ)・・・春、いろいろな花が咲く頃。花の盛りの時季。特に桜の花の頃をいう。
......証明書を持って、あっ、それから保証人のサインを添えて、こちらにいらっしゃるようお伝え下さい」「はい」 わたしはあいまいな気持ちのままうなずき、受話器を置いた。 その年の春は曇りの日が多かった。毎日空が冷たいすりガラスに包まれたようだった。公園のシーソーも駅前広場の花時計もガレージの自転車も、くすんだ光に閉じ込められていた。いつまでたっても街が冬の名残りから抜け出せないでいた。 わたしの生活もそういう季節の澱みに巻き込まれ、ぐるぐる同じところを漂っていた。朝起きるとできるだけ時間を稼ぐかのようにベッドの中でぼんやり過ごし、それから簡単......
春の空の表現・描写・類語(春のカテゴリ)の一覧 ランダム5
このカテゴリを全部見る
曇り空・曇天の表現・描写・類語(晴れ・曇りのカテゴリ)の一覧 ランダム5
このカテゴリを全部見る
「春」カテゴリからランダム5
「晴れ・曇り」カテゴリからランダム5
カテゴリ検索 単語の意味
同じカテゴリの表現一覧
春 の表現の一覧 
晴れ・曇り の表現の一覧 
風景表現 大カテゴリ
表現の大区分