TOP > 人物表現 > 歩く・歩き方 > 忍び足・静かに歩く


カテゴリ検索 単語の意味
雀が眠ってでもいるかのように背中を丸くして、そうっと近づいて行く
ジュール・ルナール / にんじん 作品を確認(amazon)
この表現が分類されたカテゴリ
忍び足・静かに歩く
しおりに登録する
背中(せなか)・・・背の中央。背骨のあたり。動物の胴体の背骨のある側。胸や腹と反対の面で、両肩の間から腰のあたりまでの部分。背(せ)。背面。
(すずめ)・・・ハタオリドリ科の小鳥。人里近くに住み、ハトと同じくらいよく見られる鳥。背中は茶色に黒い班点があって、腹は白い。稲などの穀物を荒らす一方で、害虫もよく食べる。竹と対になり縁起の良いものとされ、画題や家紋となる。
no data
忍び足・静かに歩くの表現・描写・類語(歩く・歩き方のカテゴリ)の一覧 ランダム5
このカテゴリを全部見る
「歩く・歩き方」カテゴリからランダム5
カテゴリ検索 単語の意味
同じカテゴリの表現一覧
歩く・歩き方 の表現の一覧 
人物表現 大カテゴリ
表現の大区分