TOP > 風景表現 > > 冷たい風・冬の季節風


カテゴリ検索 単語の意味
北風きたかぜがわらって、 「ことしもこれでまずさよならさよならっていうわけだ。」といいながらつめたいガラスのマントをひらめかしてむこうへいってしまいました。
宮沢賢治 / いちょうの実 ページ位置:95% 作品を確認(青空文庫)
この表現が分類されたカテゴリ
冷たい風・冬の季節風
しおりに登録する
......した。  きたからこおりのようにつめたいすきとおったかぜがゴーッとふいてきました。 「さよなら、おっかさん。」「さよなら、おっかさん。」どもらはみんな一あめのようにえだからとびおりました。  北風きたかぜがわらって、 「ことしもこれでまずさよならさよならっていうわけだ。」といいながらつめたいガラスのマントをひらめかしてむこうへいってしまいました。  お日様ひさまはもえる宝石ほうせきのようにひがしそらにかかり、あらんかぎりのかがやきをかなしむ母親ははおやたびにでたどもらとにげておやりなさいました。
冷たい風・冬の季節風の表現・描写・類語(風のカテゴリ)の一覧 ランダム5
このカテゴリを全部見る
「風」カテゴリからランダム5
カテゴリ検索 単語の意味
同じカテゴリの表現一覧
風 の表現の一覧 
風景表現 大カテゴリ
表現の大区分