TOP > 人物表現 > 性格・態度 > マゾ

TOP > 人物表現 > 恋愛 > セックス・性交・エッチする


カテゴリ検索 単語の意味
あらん限りの力をこめて倉地を引き寄せた。ぜんの上のものが音を立ててくつがえるのを聞いたようだったが、そのあとは色も音もないほのおの天地だった。すさまじく焼けただれた肉の欲念が葉子の心を全くくらましてしまった。天国か地獄じごくかそれは知らない。しかも何もかもみじんにつきくだいて、びりびりと震動する炎々たるほのおに燃やし上げたこの有頂天うちょうてんの歓楽のほかに世に何者があろう。葉子は倉地を引き寄せた。倉地において今まで自分から離れていた葉子自身を引き寄せた。そして切るような痛みと、痛みからのみ来る奇怪な快感とを自分自身に感じて陶然と酔いしれながら、倉地の二の腕に歯を立てて、思いきり弾力性に富んだ熱したその肉をかんだ。
有島武郎 / 或る女(後編) ページ位置:41% 作品を確認(青空文庫)
この表現が分類されたカテゴリ
マゾ セックス・性交・エッチする
しおりに登録する
陶然(とうぜん)・・・酒に酔っ払って気持ちのいいさま。心を奪われて気持ちよくなっているさま。「然」は他の語の後ろに付いて、状態をあらわす字。
歓楽・懽楽(かんらく)・・・喜んで楽しむこと。
有頂天(うちょうてん)・・・1.仏教で、世界の最も上に位置する天。色究竟天(しきくきょうてん)。
2.(1に上り詰めるように、)大得意になり、夢中になっているさま。喜びで気分が舞いあがっているさま。
快感(かいかん)・・・快(こころよ)い感じ。満ち足りた感じ。いい気持ち。
......並みに振る舞っていてたまるかい。葉ちゃん……命」 「命!……命 命※[#感嘆符三つ、131-15]」  葉子は自分の激しい言葉に目もくるめくような酔いを覚えながら、あらん限りの力をこめて倉地を引き寄せた。ぜんの上のものが音を立ててくつがえるのを聞いたようだったが、そのあとは色も音もないほのおの天地だった。すさまじく焼けただれた肉の欲念が葉子の心を全くくらましてしまった。天国か地獄じごくかそれは知らない。しかも何もかもみじんにつきくだいて、びりびりと震動する炎々たるほのおに燃やし上げたこの有頂天うちょうてんの歓楽のほかに世に何者があろう。葉子は倉地を引き寄せた。倉地において今まで自分から離れていた葉子自身を引き寄せた。そして切るような痛みと、痛みからのみ来る奇怪な快感とを自分自身に感じて陶然と酔いしれながら、倉地の二の腕に歯を立てて、思いきり弾力性に富んだ熱したその肉をかんだ。  その翌日十一時すぎに葉子は地の底から掘り起こされたように地球の上に目を開いた。倉地はまだ死んだもの同然にいぎたなく眠っていた。戸板のすぎの赤みが鰹節かつおぶししんのように......
マゾの表現・描写・類語(性格・態度のカテゴリ)の一覧 ランダム5
このカテゴリを全部見る
セックス・性交・エッチするの表現・描写・類語(恋愛のカテゴリ)の一覧 ランダム5
このカテゴリを全部見る
「恋愛」カテゴリからランダム5
「性格・態度」カテゴリからランダム5
カテゴリ検索 単語の意味
同じカテゴリの表現一覧
恋愛 の表現の一覧 
性格・態度 の表現の一覧 
人物表現 大カテゴリ
表現の大区分