TOP > 風景表現 > 空・中空 >


カテゴリ検索 単語の意味
雲が雷を含んで暗澹としたその縁だけを金色に輝かせている
くもがかみなりをふくんであんたんとしたそのふちだけをきんいろにかがやかせている
この表現が分類されたカテゴリ
しおりに登録する
暗澹(あんたん)・・・1.暗くて澹(しず[=静])かなさま。雰囲気が暗く沈んでいるさま。薄暗くてぼんやりしているさま。どんより。
2.見通しが悪く、将来に希望が見えず不安な感じ。
「澹」は訓読みで「しず(か)」と読める。
含む(ふくむ)・・・1.口の中に入れて噛んだり飲み込んだりせず、そのままの状態のこと。
2.ある気持ちを態度に示したり、なんとなくにおわす。「憂いを含んだ表情」
3.ある範囲の中にその要素が入っていること。「サービス料を含んだ値段」
no data
雲の表現・描写・類語(空・中空のカテゴリ)の一覧 ランダム5
このカテゴリを全部見る
「空・中空」カテゴリからランダム5
カテゴリ検索 単語の意味
同じカテゴリの表現一覧
空・中空 の表現の一覧 
風景表現 大カテゴリ
表現の大区分