眼がぐらぐらして動けなくなった

その他の気分 の表現・描写・類語

TOP > 感情表現 > その他の気分


カテゴリ検索 単語の意味
......がし出してね」 「奥さんがですか」と寒月が聞く。 「なに細君はぴんぴんしていらあね。僕がさ。何だか穴の明いた風船玉のように一度に萎縮いしゅくする感じが起ると思うと、もう眼がぐらぐらして動けなくなった」 「急病だね」と迷亭が註釈を加える。 「ああ困った事になった。細君が年に一度の願だから是非かなえてやりたい。平生いつも叱りつけたり、口を聞かなかったり、身上しんしょうの苦労をさ......
夏目漱石 / 吾輩は猫である ページ位置:14% 作品を確認(青空文庫)
しおりに登録する


次のカテゴリに分類されています。
目まい
目まいの表現・描写・類語(その他の気分のカテゴリ)の一覧 ランダム5
このカテゴリを全部見る
「その他の気分」カテゴリからランダム5
カテゴリ検索 単語の意味
同じカテゴリの表現一覧
その他の気分 の表現の一覧 
感情表現 大カテゴリ
表現の大区分