そしてその父なる木部の姿は、かかる乱雑な連想の中心となって、またまざまざと焼きつくように現われ出た。

雑念・思いが頭に浮かぶ連想する の表現・描写・類語

TOP > 人物表現 > 思考・頭の中の状態 > 雑念・思いが頭に浮かぶ

TOP > 人物表現 > 記憶 > 連想する


カテゴリ検索 単語の意味
......、長い黒髪を下げた姫が経巻きょうかんを持っているのがあった。その胸に書かれた「中将湯ちゅうじょうとう」という文字を、なにげなしに一字ずつ読み下すと、彼女は突然私生児の定子の事を思い出した。そしてその父なる木部の姿は、かかる乱雑な連想の中心となって、またまざまざと焼きつくように現われ出た。  その現われ出た木部の顔を、いわば心の中の目で見つめているうちに、だんだんとその鼻の下からひげが消えうせて行って、輝くひとみの色は優しい肉感的なあたたかみを持ち出して......
有島武郎 / 或る女(前編) ページ位置:7% 作品を確認(青空文庫)
しおりに登録する

姿・形・容・態・躰・體・軆・骵(すがた)・・・1.身体の形。からだつき。人のからだの格好。衣服をつけた外見のようす。
2.身なり。容姿。
3.目に見える、人の形。人の存在。
4.物の、それ自体の形。物一つ一つの全体的な印象。
5.物事のありさまや状態。事の内容を示す様相。
以下の文字は訓読みで、「すがた」と読める。
[形・容・態・躰・軆・體・骵]

次のカテゴリに分類されています。
雑念・思いが頭に浮かぶ 連想する
雑念・思いが頭に浮かぶの表現・描写・類語(思考・頭の中の状態のカテゴリ)の一覧 ランダム5
このカテゴリを全部見る
連想するの表現・描写・類語(記憶のカテゴリ)の一覧 ランダム5
このカテゴリを全部見る
「思考・頭の中の状態」カテゴリからランダム5
「記憶」カテゴリからランダム5
カテゴリ検索 単語の意味
同じカテゴリの表現一覧
思考・頭の中の状態 の表現の一覧 
記憶 の表現の一覧 
人物表現 大カテゴリ
表現の大区分