古いマントを蝙蝠(こうもり)のように動かした。

マント の表現・描写・類語

TOP > 人物表現 > 服装・身なり > マント


カテゴリ検索 単語の意味
古いマントを蝙蝠(こうもり)のように動かした。
徳永 直 / 太陽のない街 作品を確認(amazon)
しおりに登録する

蝙蝠(こうもり)・・・1.翼手目(よくしゅもく)の哺乳動物の総称。小型で顔はネズミに似ている。昼間は暗いところでぶら下がって休み、暗くなると前足を羽のように広げて飛び、虫を捕らえて食う。中には血を吸う者も。蝠の字が福に通じることから中国では縁起物とされる。

2.情勢の変化を見てその時々の優勢な側に味方する者をののしっていう言葉。(鳥に似ていて鳥にあらず、獣に似ていて獣にあらずというところから)
3.「こうもりがさ」の略。西洋風の雨傘。洋傘。

次のカテゴリに分類されています。
マント
マントの表現・描写・類語(服装・身なりのカテゴリ)の一覧 ランダム5
このカテゴリを全部見る
「服装・身なり」カテゴリからランダム5
カテゴリ検索 単語の意味
同じカテゴリの表現一覧
服装・身なり の表現の一覧 
人物表現 大カテゴリ
表現の大区分