あの頃は毎日気楽なもんだったよな。将来だの就職だのを考える必要もなかったし、それになんだか、毎日がばかみたいに楽しかった。

学生時代 の表現・描写・類語

TOP > 暮らしの表現 > 人生 > 学生時代


カテゴリ検索 単語の意味
......干し、椅子を立った。 そういえば高校時代、このカフェには三人でよく来たな。ふとそう思い出したのは、司と高木に手を振って別れ、小走りで駅に向かい始めてからだった。あの頃は毎日気楽なもんだったよな。将来だの就職だのを考える必要もなかったし、それになんだか、毎日がばかみたいに楽しかった。特にあの夏は──高校二年頃だったか、あの夏は本当に、とびきりに楽しかったような気がする。目に映るものすべてに、俺はわくわくと心を躍らせていたような気がする。──......
新海 誠「小説 君の名は。 (角川文庫)」に収録 ページ位置:90% 作品を確認(amazon)
しおりに登録する


次のカテゴリに分類されています。
学生時代
学生時代の表現・描写・類語(人生のカテゴリ)の一覧 ランダム5
このカテゴリを全部見る
「人生」カテゴリからランダム5
カテゴリ検索 単語の意味
同じカテゴリの表現一覧
人生 の表現の一覧 
暮らしの表現 大カテゴリ
表現の大区分