とうもろこしの粒が胴体を離れる時のポツポツという音だけが静寂を乱していた。

室内(空間)が静かとうもろこし の表現・描写・類語

TOP > 感覚表現 > 音の響き > 室内(空間)が静か

TOP > 食べ物表現 > 野菜 > とうもろこし


カテゴリ検索 単語の意味
......たまま後部座席に座っていた。彼女たちは葬儀の日にふさわしく厳粛だった。そして僕もそれにならった。途中で休憩して焼とうもろこしを食べる時でさえ僕たちは厳粛だった。とうもろこしの粒が胴体を離れる時のポツポツという音だけが静寂を乱していた。僕たちは最後の一粒まで齧り取られた三本のとうもろこしをあとに残し、再び車を走らせた。 ひどく犬の多い土地で、彼らはまるで水族館の鰤の群れのように雨の中をあてもな......
村上 春樹「1973年のピンボール (講談社文庫)」に収録 ページ位置:52% 作品を確認(amazon)
しおりに登録する

静寂(せいじゃく)・・・物音一つなく静まり返っていること。ひっそりとして寂しさのあること。また。そのさま。「寂」は訓読みで「しず(か)」とも読める。

次のカテゴリに分類されています。
室内(空間)が静か とうもろこし
室内(空間)が静かの表現・描写・類語(音の響きのカテゴリ)の一覧 ランダム5
このカテゴリを全部見る
とうもろこしの味、おいしさを伝える表現・描写(野菜のカテゴリ)の一覧 ランダム5
このカテゴリを全部見る
「野菜」カテゴリからランダム5
「音の響き」カテゴリからランダム5
カテゴリ検索 単語の意味
同じカテゴリの表現一覧
野菜 の味・おいしさの表現の一覧 
音の響き の表現の一覧 
食べ物表現 大カテゴリ
表現の大区分