TOP > 食べ物表現 > 和食・日本料理 > 和食・日本料理全般


カテゴリ検索 単語の意味
蛤のしん薯の白に人参の朱と木の実の緑が添えられて、目を楽しませる。料理もデザインが大事、このキメ細やかさは洋食にはない。
はまぐりのしんじょのしろににんじんのあかときのみのみどりがそられて、めをたのしませる。りょうりもでざいんがだいじ、このきめこまやかさはようしょくにはない。
この表現が分類されたカテゴリ
和食・日本料理全般
しおりに登録する
肌理・木目・キメ(きめ・きり)・・・1.モノや肌の細かい模様。また、その模様の具合によって生じる滑らかさ。木目(もくめ)。
2.物事に対する行き届いた気配り。「キメの細かい教育」
しん薯(しんじょ)・・・魚の白身をすりつぶし、すったヤマノイモや卵白を加えて味をつけ、蒸したり、茹でたり、揚げたりした練り物
蛙・蛤・蝦(かえる・かいる)・・・両生類の一種。よく跳ねて、よく泳ぐ。体は短くて、首はなく胴と頭が連続しており、尾はない。後ろ足は大きくて、指には水かきがある。皮膚は湿り、色は多彩、種によっては変色する。変態し、幼生はオタマジャクシ。人間生活に身近な存在で、雨や田の神とする地域もあるなど伝承や俗信が多い。「かいる」は「かえる」の訛り。
蛤・文蛤・蚌(はまぐり)・・・マルスダレガイ科の二枚貝。遠浅の海にすむ。分厚く滑らかな殻は囲碁の碁石に用いられることもある。また、2枚の殻はぴったり重なり、別の貝殻とは決して合わないことから「夫婦和合」の象徴とされる。語源は諸説あるが、浜辺にあって栗と形が似ていることから「浜栗」したのが有力。
no data
和食・日本料理全般の味、おいしさを伝える表現・描写(和食・日本料理のカテゴリ)の一覧 ランダム5
このカテゴリを全部見る
「和食・日本料理」カテゴリからランダム5
カテゴリ検索 単語の意味
同じカテゴリの表現一覧
和食・日本料理 の味・おいしさの表現の一覧 
食べ物表現 大カテゴリ
表現の大区分