(馬に乗って走る)馬は、高くいななきながら、長いたてがみをさっと振るうと、四つのひづめに砂煙をまき上げて、またたく暇に太郎をそこへ疾風のように持って行った。

乗馬 の表現・描写・類語

TOP > 暮らしの表現 > スポーツ > 乗馬


カテゴリ検索 単語の意味
(馬に乗って走る)......して、びょうびょうとほえ立てる声を聞いた。しかも、その中にただ一人、太刀をかざした人の姿が、くずれかかった築土ついじを背負って、おぼろげながら黒く見える。と思うに、馬は、高くいななきながら、長いたてがみをさっと振るうと、四つのひづめに砂煙をまき上げて、またたく暇に太郎をそこへ疾風のように持って行った。 「次郎か。」  太郎は、我を忘れて、叫びながら、険しくまゆをひそめて、弟を見た。次郎も片手に太刀たちをかざしながら、うなじをそらせて、兄を見た。そうして刹那せつなに二人とも、相手......
芥川龍之介 / 偸盗 ページ位置:82% 作品を確認(青空文庫)
しおりに登録する

(うま)・・・1.ウマ科の哺乳動物の総称。古くから耕作・運搬・常用に使う重要な家畜。体が大きく、首・顔が長く、鬣(たてがみ)がある。草食。
2.脚立(きゃたつ)の異称。四方に開いた支脚を有する台。
3.将棋で角の成ったもの。竜馬(りゅうめ)。成り角。
4.「つけうま」の略。遊興費の不払いを取り立てるため客に同行する者。
5.体操で跳馬のこと。またその用具。

次のカテゴリに分類されています。
乗馬
乗馬の表現・描写・類語(スポーツのカテゴリ)の一覧 ランダム5
このカテゴリを全部見る
「スポーツ」カテゴリからランダム5
カテゴリ検索 単語の意味
同じカテゴリの表現一覧
スポーツ の表現の一覧 
暮らしの表現 大カテゴリ
表現の大区分