TOP > 感情表現 > 声・口調

TOP > 感覚表現 > 音の響き > 静けさ・静寂


カテゴリ検索 単語の意味
大きな声をするのもはばかられるほどあたりはしんと静まっていた。
有島武郎 / 或る女(前編) ページ位置:99% 作品を確認(青空文庫)
この表現が分類されたカテゴリ
小声(細い・弱い・静か) 静けさ・静寂
しおりに登録する
憚る(はばかる)・・・遠慮する。ためらう。
......小説を読んだ時のとおり無関心の Pathos をかすかに感じているばかりだった。 「おやすみにならないの?」  と葉子は鈴のように涼しい小さい声で倉地にいってみた。大きな声をするのもはばかられるほどあたりはしんと静まっていた。 「う」  と返事はしたが事務長は煙草たばこをくゆらしたまま新聞を見続けていた。葉子も黙ってしまった。  ややしばらくしてから事務長もほっとため息をして、 「どれ寝るかな」  ......
小さな声(細い・弱い・静か)の表現・描写・類語(声・口調のカテゴリ)の一覧 ランダム5
このカテゴリを全部見る
静けさ・静寂の表現・描写・類語(音の響きのカテゴリ)の一覧 ランダム5
このカテゴリを全部見る
「声・口調」カテゴリからランダム5
「音の響き」カテゴリからランダム5
カテゴリ検索 単語の意味
同じカテゴリの表現一覧
声・口調 の表現の一覧 
音の響き の表現の一覧 
感情表現 大カテゴリ
感覚表現 大カテゴリ
人物表現 大カテゴリ
表現の大区分