富士山のてっぺんに、ガラス綿のようなちぎれた雲が、かんむりみたいに、馬の吐く息みたいにかかる

富士山 の表現・描写・類語

TOP > 風景表現 > 地上・陸地 > 富士山


カテゴリ検索 単語の意味
富士山のてっぺんに、ガラス綿のようなちぎれた雲が、かんむりみたいに、馬の吐く息みたいにかかる
阿部 昭 / 千年・あの夏 作品を確認(amazon)
しおりに登録する

(うま)・・・1.ウマ科の哺乳動物の総称。古くから耕作・運搬・常用に使う重要な家畜。体が大きく、首・顔が長く、鬣(たてがみ)がある。草食。
2.脚立(きゃたつ)の異称。四方に開いた支脚を有する台。
3.将棋で角の成ったもの。竜馬(りゅうめ)。成り角。
4.「つけうま」の略。遊興費の不払いを取り立てるため客に同行する者。
5.体操で跳馬のこと。またその用具。

次のカテゴリに分類されています。
富士山
富士山の表現・描写・類語(地上・陸地のカテゴリ)の一覧 ランダム5
このカテゴリを全部見る
「地上・陸地」カテゴリからランダム5
カテゴリ検索 単語の意味
同じカテゴリの表現一覧
地上・陸地 の表現の一覧 
風景表現 大カテゴリ
表現の大区分