TOP > 人物表現 > 歯・舌 > 入れ歯・金歯


カテゴリ検索 単語の意味
目立たぬほど上反った歯は一枚おきに義歯を入れて、物を言うたび煌々と人の目を射る
めだたぬほどうわぞったははいちまいおきにぎしをいれてものをいうたびきらきらとひとのめをいる
森田草平 / 煤煙 作品を確認(amazon)
この表現が分類されたカテゴリ
入れ歯・金歯
しおりに登録する
煌煌・煌々・晃晃・晃々(こうこう)・・・キラキラと光り輝くさま。
同じ漢字を重ねることで、語調を整えて意味を強めた表現。
義歯(ぎし)・・・自分本来の歯の代わりに入れられた、人工の歯。入れ歯。「義」は、「仮のもの」を意味する。
no data
入れ歯・金歯の表現・描写・類語(歯・舌のカテゴリ)の一覧 ランダム5
このカテゴリを全部見る
「歯・舌」カテゴリからランダム5
カテゴリ検索 単語の意味
同じカテゴリの表現一覧
歯・舌 の表現の一覧 
人物表現 大カテゴリ
表現の大区分