TOP > 暮らしの表現 > 事件・事故 > 火事


カテゴリ検索 単語の意味
(3階のベランダから)印所が一望に見わたせた。三軒か四軒向こうからもうもうと黒煙が上がり、微風にのって大通りの方へ流れていた。きな臭い匂いが漂ってきた。
村上春樹 / ノルウェイの森 作品を確認(amazon)
この表現が分類されたカテゴリ
火事
しおりに登録する
濛濛・朦朦・濛々・朦々(もうもう)・・・煙・霧・ほこりなどが、視界が悪くなるほど立ちこめるさま。
同じ漢字を重ねることで、語調を整えて意味を強めた表現。
no data
火事の表現・描写・類語(事件・事故のカテゴリ)の一覧 ランダム5
このカテゴリを全部見る
「事件・事故」カテゴリからランダム5
「火・煙・灰」カテゴリからランダム5
カテゴリ検索 単語の意味
同じカテゴリの表現一覧
事件・事故 の表現の一覧 
火・煙・灰 の表現の一覧 
暮らしの表現 大カテゴリ
表現の大区分