白堊(はくあ)が、ゴミゴミした黝(くろ)い甍(いらか)の上に聳(そび)え立っていた。それは、早春の土を破った、草の芽のような力を感じさせた。

店・建物の佇まい・外観 の表現・描写・類語

TOP > 風景表現 > 家・建物 > 店・建物の佇まい・外観


カテゴリ検索 単語の意味
白堊(はくあ)が、ゴミゴミした黝(くろ)い甍(いらか)の上に聳(そび)え立っていた。それは、早春の土を破った、草の芽のような力を感じさせた。
岩田 豊雄 / 沙羅乙女「獅子文六作品集〈第4巻〉沙羅乙女・信子 (1958年)」に収録 作品を確認(amazon)
しおりに登録する

白堊・白亜(はくあ)・・・1.石灰岩(主に炭酸カルシウムでできた岩)の一種。白色でやわらかい。
2.白い壁。白壁。
「堊」は「白土」を意味する字。「亜」は代用字。
(いらか)・・・1.瓦で覆われた屋根。また、その瓦。
2.屋根の頂上の部分。
早春(そうしゅん)・・・春の初め。2月から3月初めのころ。初春。浅春(せんしゅん)。
草の芽(くさのめ)・・・萌え出た草の若芽。
(つち)・・・岩石と有機物が混じって細かい粉末状になったもの。有機物は、生物の死骸およびその腐敗物、微生物などから構成されている。砂(有機物が含まれない)とは違い、植物が育ちやすい。
青黒・黝(あおぐろ)・・・1.青みがかった黒色。
2.襲(かさね[=平安時代の衣服])の色目(いろめ)の名前。表は濃い黒青色で、裏は青色。
3.馬の毛色で、黒に青みを帯びたもの。

次のカテゴリに分類されています。
店・建物の佇まい・外観
店・建物の佇まい・外観の表現・描写・類語(家・建物のカテゴリ)の一覧 ランダム5
このカテゴリを全部見る
「家・建物」カテゴリからランダム5
カテゴリ検索 単語の意味
同じカテゴリの表現一覧
家・建物 の表現の一覧 
風景表現 大カテゴリ
表現の大区分