自分の行く末を見せつけられたような心もちがした。

恐怖・不安連想する の表現・描写・類語

TOP > 感情表現 > 恐怖・不安

TOP > 人物表現 > 記憶 > 連想する


カテゴリ検索 単語の意味
......出して、その上にはまた青蝿あおばえが、何匹となく止まっている。そればかりではない。一人の子供のうつむけた顔の下には、もう足の早いありがついた。――  太郎は、まのあたりに、自分の行く末を見せつけられたような心もちがした。そうして、思わず下くちびるを堅くかんだ。―― 「ことに、このごろは、沙金しゃきんもおれを避けている。たまに会っても、いい顔をした事は、一度もない。時々はおれにめんと向かって......
芥川龍之介 / 偸盗 ページ位置:27% 作品を確認(青空文庫)
しおりに登録する


次のカテゴリに分類されています。
胸騒ぎ・嫌な予感 連想する
胸騒ぎ・嫌な予感の表現・描写・類語(恐怖・不安のカテゴリ)の一覧 ランダム5
このカテゴリを全部見る
連想するの表現・描写・類語(記憶のカテゴリ)の一覧 ランダム5
このカテゴリを全部見る
「心」の言葉を含む恐怖の表現・描写・類語(記憶のカテゴリ)の一覧 ランダム5
このカテゴリを全部見る
「恐怖・不安」カテゴリからランダム5
「記憶」カテゴリからランダム5
カテゴリ検索 単語の意味
同じカテゴリの表現一覧
恐怖・不安 の表現の一覧 
恐怖・不安のレベル
少し怖い
とても怖い
多くの感情は極限に達すると泣くにつながる
恐怖・不安の感覚、精神的な反応
恐怖・不安の表情、リアクション
その他の恐怖・不安の表現
次の文字を含む「恐怖・不安」の表現を検索
    戦慄  恐怖  恐怖に  不安が  不安  愛情  不安に  不安な  
記憶 の表現の一覧 
感情表現 大カテゴリ
表現の大区分