衣擦れの音が、ドキッとするほど大きく響いた。

室内(空間)が静か の表現・描写・類語

TOP > 感覚表現 > 音の響き > 室内(空間)が静か


カテゴリ検索 単語の意味
......ぶせて眠っていたのだ。引き戸の向こうから、布団で眠っている司と先輩の気配がする。部屋は異様に静かだ。虫の音も車の音もしない。風も吹いていない。 俺は体を起こす。衣擦れの音が、ドキッとするほど大きく響いた。窓の外は、かすかに白みはじめている。 俺は手首の組紐を見る。さっきの少女の声、その残響が、まだうっすらと鼓膜に残っている。 ──お前は、誰だ。 名も知らぬ少女に......
新海 誠「小説 君の名は。 (角川文庫)」に収録 ページ位置:51% 作品を確認(amazon)
しおりに登録する


次のカテゴリに分類されています。
室内(空間)が静か
室内(空間)が静かの表現・描写・類語(音の響きのカテゴリ)の一覧 ランダム5
このカテゴリを全部見る
「音の響き」カテゴリからランダム5
カテゴリ検索 単語の意味
同じカテゴリの表現一覧
音の響き の表現の一覧 
感覚表現 大カテゴリ
表現の大区分