TOP > 風景表現 > 水面・水中・水辺 > 朝の海


カテゴリ検索 単語の意味
その日最初の太陽の光がはるかな海面を錫箔のように輝かせた
そのひさいしょのたいようのひかりがはるかかいめんをすずはくのようにかがやかせた
山川方夫 / 夏の葬列(朝のヨット) 作品を確認(amazon)
この表現が分類されたカテゴリ
朝の海
しおりに登録する
錫箔(すずはく)・・・錫(すず)を紙のように薄く伸ばしたもの。
(すず)・・・金属元素のひとつ。元素記号Sn、原子番号50。少し青みを帯びた銀色でやわらかくよく伸びるので、アルミニウムが安価に生産されるようになるまでは、食器などの日用品や錫箔(すずはく)、鉄板にめっきしてブリキにするなどして広く用いられた。
no data
朝の海の表現・描写・類語(水面・水中・水辺のカテゴリ)の一覧 ランダム5
このカテゴリを全部見る
「水面・水中・水辺」カテゴリからランダム5
カテゴリ検索 単語の意味
同じカテゴリの表現一覧
水面・水中・水辺 の表現の一覧 
風景表現 大カテゴリ
表現の大区分