(男の前を通り過ぎようとした)その一瞬、暴力的な思念が強烈な電流のように青豆(女の名)の肌を貫いた。ポニーテイル(の男)の手がさっと伸びて、彼女の右腕をつかもうとした。(略)そういう生々しい一瞬の気配がそこにはあった。(略)この男は私が何かをおこなったことを感じ取っている。この部屋の中で何かがもちあがったことを直感的に認知している。何かはわからないが、ひどく不適切なことが。彼の本能は「この女を捕らえなくてはならない」と告げている。(略)確証はない。単なる思い違いであった場合には、ひどく面倒な立場に置かれることになる。彼は激しく迷い、そして結局あきらめた。(略)青豆はポニーテイルの意識がその一秒か二秒のあいだに通過した一連の段階を、ありありと感知することができた。

恐怖・不安察知・察する・勘が働く の表現・描写・類語

TOP > 感情表現 > 恐怖・不安

TOP > 人物表現 > 気配・予感・予想 > 察知・察する・勘が働く


カテゴリ検索 単語の意味
(男の前を通り過ぎようとした)その一瞬、暴力的な思念が強烈な電流のように青豆(女の名)の肌を貫いた。ポニーテイル(の男)の手がさっと伸びて、彼女の右腕をつかもうとした。(略)そういう生々しい一瞬の気配がそこにはあった。(略)この男は私が何かをおこなったことを感じ取っている。この部屋の中で何かがもちあがったことを直感的に認知している。何かはわからないが、ひどく不適切なことが。彼の本能は「この女を捕らえなくてはならない」と告げている。(略)確証はない。単なる思い違いであった場合には、ひどく面倒な立場に置かれることになる。彼は激しく迷い、そして結局あきらめた。(略)青豆はポニーテイルの意識がその一秒か二秒のあいだに通過した一連の段階を、ありありと感知することができた。
村上 春樹 / 1Q84 BOOK 2 作品を確認(amazon)
しおりに登録する

右腕(うわん・みぎうで)・・・1.(「うわん」「みぎうで」と読んで)右の腕(うで)。 ⇔ 左腕(さわん・ひだりうで)。
2.(みぎうでと読んで)もっとも有能で信頼できる部下。一番信頼している側近。右腕は大部分の人にとって利き腕であるので、「二つを比べてすぐれている方(=最も有能)」を意味する。

次のカテゴリに分類されています。
胸騒ぎ・嫌な予感 察知・察する・勘が働く
胸騒ぎ・嫌な予感の表現・描写・類語(恐怖・不安のカテゴリ)の一覧 ランダム5
このカテゴリを全部見る
察知・察する・勘が働くの表現・描写・類語(気配・予感・予想のカテゴリ)の一覧 ランダム5
このカテゴリを全部見る
「恐怖・不安」カテゴリからランダム5
「気配・予感・予想」カテゴリからランダム5
カテゴリ検索 単語の意味
同じカテゴリの表現一覧
恐怖・不安 の表現の一覧 
恐怖・不安のレベル
少し怖い
とても怖い
多くの感情は極限に達すると泣くにつながる
恐怖・不安の感覚、精神的な反応
恐怖・不安の表情、リアクション
その他の恐怖・不安の表現
次の文字を含む「恐怖・不安」の表現を検索
    戦慄  恐怖  恐怖に  不安が  不安  愛情  不安に  不安な  
気配・予感・予想 の表現の一覧 
感情表現 大カテゴリ
表現の大区分