TOP > 感情表現 > 寂しい・喪失感


カテゴリ検索 単語の意味
つづいて「僕も帰る」と口々に玄関に出る。寄席よせがはねたあとのように座敷は淋しくなった。
夏目漱石 / 吾輩は猫である ページ位置:99% 作品を確認(青空文庫)
この表現が分類されたカテゴリ
祭りのあと
しおりに登録する
......しがいが算を乱す火鉢のなかを見れば火はとくの昔に消えている。さすが呑気のんきの連中も少しく興が尽きたと見えて、「大分だいぶ遅くなった。もう帰ろうか」とまず独仙君が立ち上がる。つづいて「僕も帰る」と口々に玄関に出る。寄席よせがはねたあとのように座敷は淋しくなった。  主人は夕飯ゆうはんをすまして書斎に入る。妻君は肌寒はださむ襦袢じゅばんえりをかき合せて、あらざらしの不断着を縫う。小供は枕を並べて寝る。下女は湯に行った。  呑気のんきと見える人々も、心......
祭りのあとの表現・描写・類語(寂しい・喪失感のカテゴリ)の一覧 ランダム5
このカテゴリを全部見る
「寂しい・喪失感」カテゴリからランダム5
カテゴリ検索 単語の意味
同じカテゴリの表現一覧
寂しい・喪失感 の表現の一覧 
寂しい・喪失感のレベル
少しさびしい
とてもさびしい
多くの感情は極限に達すると泣くにつながる
寂しい・喪失感の感覚、精神的な反応
寂しい・喪失感の表情、リアクション
その他の寂しい・喪失感の表現
次の文字を含む「寂しい・喪失感」の表現を検索
寂しい  哀愁        
感情表現 大カテゴリ
表現の大区分