TOP > 食べ物表現 > 魚類 > サメ


カテゴリ検索 単語の意味
サメであることに気づくと、顎がなくて下の方に口が切れ込んでいる顔つきや、荒っぽいくせにぬめっとした肌の感じが浮かんできて、舌の上に幻の嫌な味が走る
さめであることにきづくと、あごがなくてしたのほうにくちがきれこんでいるかおつきや、あらっぽいくせにぬめっとしたはだのかんじがうかんできて、したのうえにまぼろしのいやなあじがはしる
吉行淳之介 / 贋食物誌 作品を確認(amazon)
この表現が分類されたカテゴリ
サメ
しおりに登録する
顔付き(かおつき)・・・1.顔のようす。顔だち。容貌(ようぼう)。
2.気持ちを反映した顔のようす。表情。
「付き」は、体に関する名詞の下に付いて、そのものの様子や格好をあらわす。「腰付き」「手付き」など。
顎・頤・腭(あご)・・・1.口の上下の、歯の生えている部分で、話したり物を噛んだりするのに役立つ器官。
2.下あご。頤(おとがい)。
3. 釣り針の先に逆向きにつけた返しのこと。釣り針のかかり。鐖・逆鉤・逆鈎(あぐ)。
4.機械や道具などで、物をつかんだり引っ張ったりする開閉部分。
5.食事。食料。まかない。食費。
6.口をきくこと。物言い。おしゃべり。
(さめ)・・・軟骨魚の中でエイを除く魚の総称。口は横に裂け、歯は鋭い。大形のものには人が襲われることもある。ざらざらしている皮は、靴やかばんの革など装飾用に使われる。肉はかまぼこの材料。魚類としては珍しく交尾をするため「鮫」の字に「交」の字が含まれるとされる。
no data
サメの味、おいしさを伝える表現・描写(魚類のカテゴリ)の一覧 ランダム5
このカテゴリを全部見る
「魚類」カテゴリからランダム5
カテゴリ検索 単語の意味
同じカテゴリの表現一覧
魚類 の味・おいしさの表現の一覧 
食べ物表現 大カテゴリ
表現の大区分