TOP > 風景表現 > 地上・陸地 >

TOP > 風景表現 > 植物 > 花粉


カテゴリ検索 単語の意味
黄色い粒。花粉だ。神去村には山しかなく、その山はほとんど杉とヒノキで覆われている。脅威の花粉包囲網だ。  山の杉が、枝のさきっちょに茶色い実みたいなもんをつけはじめた。俺は最初、「なにかなー、あれ」と思ってた。そのうち実の色は濃さを増し、遠目には杉が枯れたみたいになってしまった。(略)枯れ山のようになって村を取り巻く
三浦 しをん「神去なあなあ日常 (徳間文庫)」に収録 ページ位置:19% 作品を確認(amazon)
この表現が分類されたカテゴリ
花粉
しおりに登録する
遠目(とおめ)・・・1.遠方までよく見える目。
2.遠くの方から見ること。また、遠くから見たようす。
3.遠くの方しか見えず、近くの物体や細かい文字がはっきり見えない目。また、その状態。遠眼(えんがん)。遠視(えんし)。 ⇔ 近目(ちかめ)。
4.普通より遠いさま。 ⇔ 近目(ちかめ)。
......機会に書こう。 なんにしろ、春が一番だ。春のわくわくするような気持ちと、花や土や水の香りがまじりあった空気の甘さに、かなうものはない。 ただひとつ問題といえば、黄色い粒。花粉だ。神去村には山しかなく、その山はほとんど杉とヒノキで覆われている。脅威の花粉包囲網だ。 山の杉が、枝のさきっちょに茶色い実みたいなもんをつけはじめた。俺は最初、「なにかなー、あれ」と思ってた。そのうち実の色は濃さを増し、遠目には杉が枯れたみたいになってしまった。 そうしたら、巌さんがクシャミを連発しだしたんだ。清一さんは山仕事のときにごついゴーグルをかけるようになり、クールな表情は変えないまま、いつも静かに鼻水を垂らし......<中略>......取られ、叱るのを忘れたってだけかもしれない。 巌さんはクシャミとクシャミのあいだに言った。「あの茶色いのは、実とちゃう。杉の雄花や」「えっ、あれが全部ですか」 枯れ山のようになって村を取り巻く斜面を、俺は呆然と見渡した。ヨキが楽しそうに補足する。「いまはまだええ。もうちょっとしたら、今度は真っ黄色になるで。風が吹くたびに枝が揺れて、花粉が黄色い霧みた......
山の表現・描写・類語(地上・陸地のカテゴリ)の一覧 ランダム5
このカテゴリを全部見る
花粉の表現・描写・類語(植物のカテゴリ)の一覧 ランダム5
このカテゴリを全部見る
「地上・陸地」カテゴリからランダム5
「植物」カテゴリからランダム5
カテゴリ検索 単語の意味
同じカテゴリの表現一覧
地上・陸地 の表現の一覧 
植物 の表現の一覧 
風景表現 大カテゴリ
表現の大区分