好きの比喩表現の例文 一覧

日本語表現インフォ > 比喩表現の一覧 > 感情の比喩 > 好きの比喩表現

好きの比喩を使った文章の一覧(166件)
水をそそがれた植木のように、生き生きとした顔色になる
岩田 豊雄 / 獅子文六作品集〈第4巻〉沙羅乙女・信子 amazon
目の前に桃色の瑞雲たなびく気分に到達する
宮尾 登美子 / 楊梅(やまもも)の熟れる頃 amazon
生温かい霧のような欲望
野間 宏 / 崩解感覚 amazon
二人の愛の熱度がシーソーのように上下する
瀬戸内 寂聴 / 愛すること―出家する前のわたし amazon
食欲がふわりとふわりと身体の中を動く
中沢 けい / 野ぶどうを摘む amazon
世の母親が子供に注ぐ目は、牝雞の目のように近視で
平林 たい子 / 鬼子母神(平林たい子)「筑摩現代文学大系 (41) 平林たい子・円地文子集 地底の歌 こういう女 嘲る 盲中国兵 鬼子母神 私は生きる 花散里 ひもじい月日 くろい紫陽花 男のほね 妖 二世の縁 他」に収録 amazon
飢えが、ガスのようにわたしのなかに溜まり
大原 富枝 / ストマイつんぼ (1957年) amazon
物の本の一章をめくるような興味と期待で、きいた。
司馬 遼太郎 / 国盗り物語〈1〉斎藤道三〈前編〉 amazon
着なれた着物に手を通したような懐しさ
倉橋 由美子 / 長い夢路「倉橋由美子全作品〈6〉 ヴァージニア・長い夢路 (1976年)」に収録 amazon
欲望の炎がむやみと燃え立った。
田村 俊子 / 木乃伊の口紅 amazon
(母親が子供にそそぐ目)母親の本能が吐き出す霧のようなもので、相手の形をぼんやりぼやかして包んでいる
平林 たい子 / 鬼子母神(平林たい子)「筑摩現代文学大系 (41) 平林たい子・円地文子集 地底の歌 こういう女 嘲る 盲中国兵 鬼子母神 私は生きる 花散里 ひもじい月日 くろい紫陽花 男のほね 妖 二世の縁 他」に収録 amazon
(夫婦の愛)結婚して苔に湧く水のような愛情を、僕達夫婦は言わず語らず感じあっていた
林 芙美子 / 魚の序文「風琴と魚の町/清貧の書 (新潮文庫 は 1-4)」に収録 amazon
二十歳の久遠は、好奇心旺盛な犬のようだった。
伊坂 幸太郎「陽気なギャングが地球を回す (祥伝社文庫)」に収録 amazon
カテゴリ検索 単語の意味
その他の感情を表す比喩表現
比喩表現のカテゴリ
表現の大区分