目・瞳の比喩表現の例文 一覧

日本語表現インフォ > 比喩表現の一覧 > 人物の比喩 > 目・瞳の比喩表現

目・瞳の比喩を使った文章の一覧(428件)
兎の眼のようなおじけづいた、心配そうな
小島信夫 / アメリカン・スクール amazon
目はステンレスのように冷たく光って
七尾与史 / 死亡フラグが立ちました! amazon
借金を踏み倒した人間を見るような
七尾与史 / 死亡フラグが立ちました! amazon
猜疑心を漲らせたような鋭利な眼光
七尾与史 / 死亡フラグが立ちました! amazon
粘性の糸でからめ取るような視線
中沢 けい / 野ぶどうを摘む amazon
兎の眼のようにおじけづいた心配そうな
小島 信夫 / アメリカン・スクール amazon
兎の眼のように、触れるとこわれそうな
泉 優二 / さよならと言ってくれ amazon
のように小さい眼
野間 宏 / 真空地帯 amazon
目が感覚を扇のように拡げる
川端 康成 / 掌の小説 amazon
のように目だけがけわしい
安部 公房 / 第四間氷期 amazon
瞬きを忘れた魚の目のように精気のない目
高橋 和巳 / 我が心は石にあらず amazon
蜃気楼を見るように目を見張る
佐藤 春夫 / 創作〈2〉 amazon
すすきで切ったような細い眼
新田 次郎 / 芙蓉の人 amazon
物理的に理屈の通らない風景を検証するみたいに(目を細める)
村上 春樹 / 色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年 amazon
(眼は)草むらの蛇の眼のように冷たく光っていた。
田宮 虎彦 / 土佐日記「落城・足摺岬 (新潮文庫)」に収録 amazon
何度見ても細い目だなと思う。目というよりあかぎれである。
向田 邦子 / だらだら坂「思い出トランプ (新潮文庫)」に収録 amazon
きょとんとラッコのような眼で
大庭みな子 / 啼く鳥の amazon
目が殺気立っていて、そのくせネズミみたいな臆病な光をこもらせていた。
古井 由吉 / 弟「古井由吉自撰作品 2 水/櫛の火 (古井由吉自撰作品【全8巻】)」に収録 amazon
世の母親が子供に注ぐ目は、牝雞の目のように近視で
平林 たい子 / 鬼子母神(平林たい子)「筑摩現代文学大系 (41) 平林たい子・円地文子集 地底の歌 こういう女 嘲る 盲中国兵 鬼子母神 私は生きる 花散里 ひもじい月日 くろい紫陽花 男のほね 妖 二世の縁 他」に収録 amazon
血走った燃えるような巨きい眼
大江 健三郎 / セヴンティーン「性的人間 (新潮文庫)」に収録 amazon
人馴れぬ獣のように疑い深い眼つき
水上 瀧太郎 / 山の手の子「俤 (百年文庫)」に収録 amazon
かぶと虫の色をした里い瞳
室生 犀星 / 杏っ子 amazon
ほけた芒(すすき)の穂のような光のにぶい腫れぼったい眼
岡本 かの子 / 春「岡本かの子全集 (第2巻)」に収録 amazon
のように青みがかった白目
平林 たい子 / 施療室にて「こういう女・施療室にて (講談社文芸文庫)」に収録 amazon
のように見ひらいた眼
野上 彌生子 / 哀しき少年「野上彌生子全小説 〈8〉 哀しき少年 明月」に収録 amazon
ギョロリと、鯥(むつ)のような大きな眼玉
岩田 豊雄 / 沙羅乙女「獅子文六作品集〈第4巻〉沙羅乙女・信子 (1958年)」に収録 amazon
剃刀のような視線
倉橋 由美子 / ヴァージニア amazon
星ばかり映して居る深山の湖のような
岡本 かの子 / 春「岡本かの子全集 (第2巻)」に収録 amazon
生牡蠣のように白濁した眼
筒井 康隆 / 夢の木坂分岐点 amazon
骨を刺すような非寛容な瞳
大原 富枝 / ストマイつんぼ (1957年) amazon
牡蠣みたいな白眼をむいて
林 芙美子 / 泣虫小僧 amazon
(母親が子供にそそぐ目)母親の本能が吐き出す霧のようなもので、相手の形をぼんやりぼやかして包んでいる
平林 たい子 / 鬼子母神(平林たい子)「筑摩現代文学大系 (41) 平林たい子・円地文子集 地底の歌 こういう女 嘲る 盲中国兵 鬼子母神 私は生きる 花散里 ひもじい月日 くろい紫陽花 男のほね 妖 二世の縁 他」に収録 amazon
大豆の粒のような両眼
池波 正太郎 / 剣客商売 amazon
(無表情の大きい目)背の割りに小ぢんまりして見える顔に、瞳が無表情に大きく、染附けか何かの、細長い瓶(かめ)を感じさせるようなところがあった。
永井 龍男 / そばやまで「新潮日本文学 (18) 永井竜男集 石版東京図絵 一個 青梅雨 そばやまで 等」に収録 amazon
腐った卵の白味のような
芥川 竜之介 / 偸盗 amazon
眼が薄ぐもりの河の底のように光り
岡本 かの子 / 鶴は病みき amazon
のように小っちゃい眼
徳永 直 / 太陽のない街 amazon
のように赤い眼の玉
武田 麟太郎 / 日本三文オペラ「日本三文オペラ―他八篇 (1955年) (河出文庫)」に収録 amazon
大きな顔の端っこのほうに、飯粒のように白くくっついた小さな眼
上林 暁 / 薔薇盗人「昭和文学全集〈14〉」に収録 amazon
瞳は梟のように大きく
高峰 秀子 / 旅は道づれガンダーラ amazon
二人の眼と眼が結び合って、酸素熔接の火花のようなものを飛ばした。
岩田 豊雄 / 獅子文六作品集〈第4巻〉沙羅乙女・信子 amazon
西瓜(すいか)の種子みたいに小さいが黒光りする目
向田 邦子 / かわうそ「思い出トランプ (新潮文庫)」に収録 amazon
処女湖のような澄みきった、親切な目
葉山 嘉樹 / 海に生くる人々 amazon
破れるように大きく眼を瞠(みは)った。
林 芙美子 / 耳輪のついた馬「風琴と魚の町/清貧の書 (新潮文庫 は 1-4)」に収録 amazon
のように細く、鋭い目つき
伊坂 幸太郎 / オーデュボンの祈り amazon
銃口の目つきをした
綿矢 りさ / 仲良くしようか「勝手にふるえてろ (文春文庫)」に収録 amazon
軍人のように頑なな目
池井戸 潤 / 民王 amazon
瞳は罅割れた皿のよう
池井戸 潤「民王 (文春文庫)」に収録 amazon
猟犬のような目つき
池井戸 潤「民王 (文春文庫)」に収録 amazon
怒りの焰(ほむら)が灯った。
池井戸 潤「民王 (文春文庫)」に収録 amazon
眼光は鋭利な刃物を連想させた
横山 秀夫「クライマーズ・ハイ (文春文庫)」に収録 amazon
目元で癇癪玉を破裂させている
横山 秀夫「クライマーズ・ハイ (文春文庫)」に収録 amazon
彼の目つきは、精神科医というよりも患者のように怯えていた。
小川 洋子「妊娠カレンダー (文春文庫)」に収録 amazon
間違いなく微笑みでありながら、彼の印象的な眼差しのせいで、桜の花びらのようにもろく繊細な表情に見えた。
小川 洋子 / 夕暮れの給食室と雨のプール「妊娠カレンダー (文春文庫)」に収録 amazon
四角い眼鏡をかけた医師は無表情でトカゲのようにも見えた
伊坂 幸太郎「陽気なギャングが地球を回す (祥伝社文庫)」に収録 amazon
カテゴリ検索 単語の意味
その他の人物を表す比喩表現
比喩表現のカテゴリ
表現の大区分