見るの比喩表現の例文 一覧

日本語表現インフォ > 比喩表現の一覧 > 人物の比喩 > 見るの比喩表現

見るの比喩を使った文章の一覧(113件)
古い楽器を点検するみたいにじっと眺める
村上 春樹 / ノルウェイの森 上 amazon
眼の中が布を張ったように霞む
ジュール・ルナール / にんじん amazon
旅龍屋を烏のように覗き込む
泉 鏡花 / 高野聖・眉かくしの霊 amazon
体を突き通すほど鋭く見つめる
五木 寛之 / ワルシャワの燕たち amazon
二人の視線が縄のように捩れて絡まる
岩田 豊雄 / 獅子文六作品集〈第4巻〉沙羅乙女・信子 amazon
鮒(ふな)よりひどい近眼
宮沢 賢治 / 北守将軍と三人兄弟の医者 amazon
お互いの視線が凍ったように止まる
泉 優二 / ブラインドコーナー amazon
空の裂け目でも見るみたいに僕の顔をじっと見た
村上 春樹 / ダンス・ダンス・ダンス(下) amazon
のような据わった眼差し
筒井 康隆 / 夢の木坂分岐点 amazon
眼はまるで釘づけにされたよう
尾崎 士郎 / 人生劇場 青春篇 amazon
のようなとげとげしい眼を光らせていた。
中野 重治 / 歌のわかれ (1956年) amazon
眼が植わったように直視していた。
和田伝 / 沃土「和田伝全集 第2巻」に収録 amazon
双眼は、じいッと糸を引いたようにその窓辺に注がれていた。
日本ロオレライ(井上友一郎)「現代日本文学全集〈第81〉永井竜男,井上友一郎,織田作之助,井上靖集 (1956年)」に収録 amazon
二人の眼と眼が結び合って、酸素熔接の火花のようなものを飛ばした。
岩田 豊雄 / 獅子文六作品集〈第4巻〉沙羅乙女・信子 amazon
審査員の目つきで彼女をじろじろと眺め
綿矢 りさ / 仲良くしようか「勝手にふるえてろ (文春文庫)」に収録 amazon
二匹の猫は夢のかけらでも眺めるように僕の姿をじっと見つめていた。
村上 春樹「1973年のピンボール (講談社文庫)」に収録 amazon
カテゴリ検索 単語の意味
その他の人物を表す比喩表現
比喩表現のカテゴリ
表現の大区分