驚きの比喩表現の例文 一覧

日本語表現インフォ > 比喩表現の一覧 > 感情の比喩 > 驚きの比喩表現

驚きの比喩を使った文章の一覧(204件)
心当たりのないところに矢が飛んできたという顔
干刈 あがた / ゆっくり東京女子マラソン amazon
青く湿った能面のような
黒岩 重吾 / 背徳のメス amazon
顔色が壁のように青褪(ざ)める
獅子 文六 / てんやわんや amazon
顔色がなえた草の葉のように色褪める
光瀬 龍 / 百億の昼と千億の夜 amazon
口を縦長に開き、水面で餌を食べる金魚さながらの面持ち
伊坂 幸太郎 / アイネクライネナハトムジーク amazon
氷を胸に当てられたようにヒヤリとした
石坂 洋次郎 / 山のかなたに amazon
血潮が逆流するような思い
林 芙美子 / 耳輪のついた馬「貧乏こんちくしょう 林芙美子作品集 (廣済堂ルリエ文庫)」に収録 amazon
のように見ひらいた眼
野上 彌生子 / 哀しき少年「野上彌生子全小説 〈8〉 哀しき少年 明月」に収録 amazon
血色のすぐれない雪解けのような
林 芙美子 / 市立女学校「林芙美子作品集〈第2巻〉清貧の書 (1956年)」に収録 amazon
修羅のように青ざめて
梅崎 春生 / 日の果て amazon
軀の中の血が噴水のように音をたて眼や鼻から溢れ出そうな愕(おどろ)き
林 芙美子 / 市立女学校「林芙美子作品集〈第2巻〉清貧の書 (1956年)」に収録 amazon
彼は白ペンキのように青ざめて
葉山 嘉樹 / 海に生くる人々 amazon
のように青ざめて、呆然としている。
石坂 洋次郎 / 山のかなたに (1954年) amazon
刺されたような衝撃
佐多 稲子 / くれない amazon
破れるように大きく眼を瞠(みは)った。
林 芙美子 / 耳輪のついた馬「風琴と魚の町/清貧の書 (新潮文庫 は 1-4)」に収録 amazon
頭上から巨大な石を落とされた感覚
伊坂 幸太郎 / ラッシュライフ amazon
ロックという弾丸が鼓膜を突き破りヒロトに刺さった。
水道橋博士「藝人春秋 (文春文庫)」に収録 amazon
顔面が真っ青で幽霊が飛び込んできたかと思ったほど
木山捷平 / 大安の日「白兎・苦いお茶・無門庵」に収録 amazon
脳みそに手術を受けたように驚く
小林秀雄 / モオツァルト amazon
半年の断食を終えたドラキュラ伯爵みたいな形相
大原まり子 / イル&クラムジー物語 amazon
カテゴリ検索 単語の意味
その他の感情を表す比喩表現
比喩表現のカテゴリ
表現の大区分