現象・事態の比喩表現の例文 一覧

日本語表現インフォ > 比喩表現の一覧 > 風景の比喩 > 現象・事態の比喩表現

現象・事態の比喩を使った文章の一覧(233件)
灰色のしみが雨雲のようにべったりはりつく
大原 まり子 / イル&クラムジー物語 amazon
むじなみたいに穴に入る
司馬 遼太郎 / 殉死 amazon
ダンプカーが通り抜けられるくらいの大きな穴
ロナルド・マンソン / ファン・メイル (上) amazon
小鳥が石つぶての雨のように襲いかかる
飯田 栄彦 / 昔、そこに森があった amazon
泡が水銀のように光る
宮沢 賢治 / やまなし amazon
車に揺られながら荷物のように帰る
横光 利一 / 春は馬車に乗って amazon
水が硝子板をしいたように凍る
宮沢 賢治 / なめとこ山の熊 amazon
口の中が埃でざらざらする。ぼくぼくと灰の中を歩いているようだ。
火野葦平 / 麦と兵隊「土と兵隊 麦と兵隊」に収録 amazon
砂埃は黒煙のように街に漲った
小杉 天外 / 初すがた amazon
流れ落ちる汗のためにべっとり濡れた砂埃が黒い苔のように附着してい上衣
野間 宏 / 顔の中の赤い月「暗い絵・顔の中の赤い月 (講談社文芸文庫)」に収録 amazon
黄色い土煙が濛々と立ちのぼり、煙の幕の中に進軍して行く部隊が影絵のようになったり
火野 葦平 / 麦と兵隊「土と兵隊・麦と兵隊 (新潮文庫)」に収録 amazon
着物の裏地のような
室生 犀星 / 杏っ子 amazon
煙は月を浴び、ちょうど濡れたように渦を巻く。
檀一雄 / 花筐「花筐・光る道 他四編」に収録 amazon
深い排気ガスの海
安部 公房 / 他人の顔 amazon
細かいガラス屑のような飛沫
前田河広一郎 / 三等船室「現代日本文学大系 (59)」に収録 amazon
大地から立ちのぼる炎に似たかげろう
北 杜夫 / 谿間にて「新潮日本文学 61 北杜夫集―楡家の人びと・他」に収録 amazon
黄塵を被り、土人形のようになり
火野 葦平 / 麦と兵隊「土と兵隊・麦と兵隊 (新潮文庫)」に収録 amazon
矢玉の雨に砕かれて
山田 美妙 / 武蔵野 amazon
煙脂煙管(やにきせる)の如く、ぎっちり詰まって動けなくなった
里見 トン / 美事な醜聞「初舞台・彼岸花 里見トン作品選 (講談社文芸文庫)」に収録 amazon
のような春の里
夏目 漱石 / 草枕 amazon
墓石は黒い坊主頭のように並んでいた。
上林 暁 / 薔薇盗人「昭和文学全集〈14〉」に収録 amazon
雨のふるよなてっぽう玉のくる中に
島崎 藤村 / 夜明け前 01 第一部上 amazon
青い硝子が粉のように床で砕けて
平林 たい子 / 施療室にて「こういう女・施療室にて (講談社文芸文庫)」に収録 amazon
春の水の如く、ドブドブとソースをかけて
サトウ ハチロー / 夢多き街「夢多き街―抒情詩と随筆 (1947年) (詩と随筆叢書〈第6冊〉)」に収録 amazon
望楼のようなトーチカ
火野 葦平 / 麦と兵隊 amazon
のように凍った手拭
林 芙美子 / 浮雲 amazon
雨で黒く濡れた門柱は荒野に立った2本の墓石のように見える。
村上春樹「風の歌を聴け (講談社文庫)」に収録 amazon
ハイヒールの踵くらいの小さな墓
村上春樹「風の歌を聴け (講談社文庫)」に収録 amazon
丸かったしみがいつの間にかアメーバのようになって、頭の上に広がっていた。
小川 洋子 / ドミトリイ「妊娠カレンダー (文春文庫)」に収録 amazon
カテゴリ検索 単語の意味
その他の風景を表す比喩表現
比喩表現のカテゴリ
表現の大区分