恐怖・不安の比喩表現の例文 一覧

日本語表現インフォ > 比喩表現の一覧 > 感情の比喩 > 恐怖・不安の比喩表現

恐怖・不安の比喩を使った文章の一覧(541件)
空気に溺れる魚のように不快な汗をかく
大原 まり子 / イル&クラムジー物語 amazon
試合後のボクサーみたいに髪も顔も汗でぐっしょり
七尾 与史 / 死亡フラグが立ちました! (宝島社文庫) amazon
鮑(あわび)の身のように体じゅうを引き締めて硬くなる
谷崎 潤一郎 / 猫と庄造と二人のおんな amazon
兎の眼のようにおじけづいた心配そうな
小島 信夫 / アメリカン・スクール amazon
それからそれへと、同じ幹から疑いの蔓が伸びて、際限がなくなる
岩田 豊雄 / 獅子文六作品集〈第4巻〉沙羅乙女・信子 amazon
黒い疑惑が胸の中にむらくものように湧く
胡桃沢 耕史 / ごきぶり商事痛快譚 (1) amazon
マスタードの種粒ほどの疑い
ロナルド・マンソン / ファン・メイル (上) amazon
青く湿った能面のような
黒岩 重吾 / 背徳のメス amazon
顔色が壁のように青褪(ざ)める
獅子 文六 / てんやわんや amazon
顔色がなえた草の葉のように色褪める
光瀬 龍 / 百億の昼と千億の夜 amazon
亀の子のように怯えた顔
坂口 安吾 / オモチャ箱・狂人遺書(水鳥亭由来) amazon
夕暮れのような暗さが顔一面に広がる
獅子 文六 / てんやわんや amazon
のような警戒心を消さない
光瀬 龍 / 百億の昼と千億の夜 amazon
心臓が獣のように鼓動する
宮本 百合子 / 伸子 amazon
心の中に柵を設けて、真実を寄せつけまいとする
マイ・シューヴァル / バルコニーの男 amazon
水を流すような悪寒が走る
川端 康成 / 掌の小説 amazon
のような寒気が背から胸へつらぬいていく
光瀬 龍 / 百億の昼と千億の夜 amazon
黒い染みのような不審な思いを抱く
森 瑤子 / 風物語 (1984年) amazon
眉間に刀傷ほどもある皺を寄せる
島田 雅彦 / 未確認尾行物体 amazon
凍った花みたいに身が竦む
吉川英治 / 治郎吉格子 名作短編集(一): 1 amazon
流れ落ちる汗のためにべっとり濡れた砂埃が黒い苔のように附着してい上衣
野間 宏 / 顔の中の赤い月「暗い絵・顔の中の赤い月 (講談社文芸文庫)」に収録 amazon
落ちつかない不安が、創口の血のように滲み出して来た。
林 芙美子 / 耳輪のついた馬「風琴と魚の町/清貧の書 (新潮文庫 は 1-4)」に収録 amazon
目が殺気立っていて、そのくせネズミみたいな臆病な光をこもらせていた。
古井 由吉 / 弟「古井由吉自撰作品 2 水/櫛の火 (古井由吉自撰作品【全8巻】)」に収録 amazon
氷を胸に当てられたようにヒヤリとした
石坂 洋次郎 / 山のかなたに amazon
海老のように身を縮めて
堀田 善衛 / 鬼無鬼島 amazon
貧困の脅威は曇天のように信輔の心を圧しはじめた。
近代作家用語研究会 / 作家用語索引 芥川龍之介 amazon
毀れた泥人形のように、つやを失った
安岡 章太郎 / 海辺の光景 amazon
血色のすぐれない雪解けのような
林 芙美子 / 市立女学校「林芙美子作品集〈第2巻〉清貧の書 (1956年)」に収録 amazon
藪ん中の蛇みたいに油断のならぬ奴
鶏飼いのコムミュニスト「全集・現代文学の発見〈第6巻〉黒いユーモア (1976年)」に収録 amazon
宙に浮いているような心もとない気分
吉本 ばなな / 哀しい予感 amazon
額から流れおちる滝のような
木山 捷平 / 大陸の細道 amazon
修羅のように青ざめて
梅崎 春生 / 日の果て amazon
玄関のドアのところに立てかけてあるフランスパンのよう に、茶色く固くこわばって
向田 邦子 / マンハッタン「思い出トランプ (新潮文庫)」に収録 amazon
眉間に蜘蛛の巣状の皺を寄せ
島田 雅彦 / ドンナ・アンナ amazon
ねばっこい油のような
木山 捷平 / 大陸の細道 amazon
ふいっとラムネの玉が咽喉(のど)につかえたように、そして身体中がかたくこわばって
吉屋 信子 / 妻も恋す「女の暦・妻も恋す (1951年) (傑作長編小説全集〈第6〉)」に収録 amazon
彼は白ペンキのように青ざめて
葉山 嘉樹 / 海に生くる人々 amazon
すっぽんのように背を曲げて
林 芙美子 / 牛肉「林芙美子傑作集 (1951年) (新潮文庫〈第201〉)」に収録 amazon
薄い刃物で背を撫でられるような戦慄
梶井 基次郎 / ある崖上の感情 amazon
胸の折れてゆくような不安
佐多 稲子 / くれない amazon
のように青ざめて、呆然としている。
石坂 洋次郎 / 山のかなたに (1954年) amazon
酔いが兄の気持の中でシーソーのようになっていた二つのもののうち、一方に重みをかけた。
庄野 潤三 / 相客「新潮日本文学 55 庄野潤三集 浮き燈台 愛撫 舞踏 プールサイド小景 机 相客 蟹 静物 二つの家族 道 雷鳴 冬枯 他」に収録 amazon
のように佇(た)ち竦(すく)んだ。
岩田 豊雄 / 沙羅乙女「獅子文六作品集〈第4巻〉沙羅乙女・信子 (1958年)」に収録 amazon
水から上った鳥のように身震いして
林 芙美子 / 風琴と魚の町 amazon
粟粒みたいな
宮本 輝 / 星々の悲しみ amazon
不安は深まった。霧の中の船が、不断に汽笛を鳴らすように、町子も手を束ねてはいられなかった。
岩田 豊雄 / 沙羅乙女「獅子文六作品集〈第4巻〉沙羅乙女・信子 (1958年)」に収録 amazon
崖縁に足を踏み出すような怖しさ
伊藤 整 / 火の鳥 (1958年) amazon
彼は停電したようにプッツリ意識を失なった。
島田 雅彦 / 聖アカヒト伝「ドンナ・アンナ (新潮文庫)」に収録 amazon
膝が金具のようにがくがく鳴って
平林 たい子 / こういう女・施療室にて amazon
一瞬血の逆流するような恐怖
安岡 章太郎 / 海辺の光景 amazon
のように重苦しい集計時間が過ぎていく。
池井戸 潤「民王 (文春文庫)」に収録 amazon
Tシャツの胸の辺りは汗染みで赤ん坊の涎掛けのよう
横山 秀夫「クライマーズ・ハイ (文春文庫)」に収録 amazon
頭から煙が出そう
綿矢 りさ / 自然に、とてもスムーズに「しょうがの味は熱い (文春文庫)」に収録 amazon
二人は傷ついた小鳥のように寄り添い
小川 洋子「妊娠カレンダー (文春文庫)」に収録 amazon
彼の目つきは、精神科医というよりも患者のように怯えていた。
小川 洋子「妊娠カレンダー (文春文庫)」に収録 amazon
胸に立ちのぼってくる煙のようなおそろしさを止めることができなくなっていた。
川上 未映子 / あなたたちの恋愛は瀕死「乳と卵(らん) (文春文庫)」に収録 amazon
顔面が真っ青で幽霊が飛び込んできたかと思ったほど
木山捷平 / 大安の日「白兎・苦いお茶・無門庵」に収録 amazon
半年の断食を終えたドラキュラ伯爵みたいな形相
大原まり子 / イル&クラムジー物語 amazon
カテゴリ検索 単語の意味
その他の感情を表す比喩表現
比喩表現のカテゴリ
表現の大区分