退屈の比喩表現の例文 一覧

日本語表現インフォ > 比喩表現の一覧 > 感情の比喩 > 退屈の比喩表現

退屈の比喩を使った文章の一覧(150件)
鏡の中でまた鏡を見るような、奥へ奥へ引っぱられてる重苦しい夢のような気持ち
安岡 章太郎 / 安岡章太郎集〈1〉ガラスの靴 ジングルベル 宿題 愛玩 蛾 他 amazon
家畜のようにおとなしい単純な生き方
石坂 洋次郎 / 丘は花ざかり amazon
何の展望もなくじりじりと枯れていくように日々が過ぎてゆく
よしもと ばなな / ムーンライト・シャドウ amazon
ひっそりとした貝のような生活
三田 誠広 / 僕って何 amazon
朝の礼拝堂に糞尿の気が流れてきたよりも、もっと興ざめなこと
岩田 豊雄 / 獅子文六作品集〈第4巻〉沙羅乙女・信子 amazon
身体中の筋肉が腐っていくようなだるさ
山田 太一 / 飛ぶ夢をしばらく見ない amazon
口を閉じ、魚のように暮らす
柴田 翔 / されどわれらが日々― amazon
倦怠が苔のように生える
瀬戸内 寂聴 / 愛すること―出家する前のわたし amazon
不気味な倦怠の砂漠
瀬戸内 寂聴 / 愛すること―出家する前のわたし amazon
闇の洞窟でコウモリのような暮らし方をする
大庭 みな子 / がらくた博物館 amazon
声が経文を読むように暗い
笹沢 左保 / 終りなき鬼気 amazon
腰の折れた瓦斯(ガス)のような声を立てる
室生 犀星 / 舌を噛み切った女 (1957年) amazon
長いハードな一日だった。犬のように眠りたい。
村上 春樹 / ダンス・ダンス・ダンス(上) amazon
退屈な、救いのない、枯野のようなあけくれ
久保田 万太郎 / 末枯「末枯/続末枯/露芝 (岩波文庫 緑 65-2)」に収録 amazon
身動きすると苦しく、目をつぶると靄(もや)のような眠気がかぶさってくる。
北 杜夫 / 谿間にて「新潮日本文学 61 北杜夫集―楡家の人びと・他」に収録 amazon
釘抜きで挟まれたように眠くなった。
石坂 洋次郎 / 石中先生行状記 amazon
心はさあっと、水をかけたように冷たく冴えかえって来ました。
井上 靖 / 猟銃「猟銃・闘牛 (新潮文庫)」に収録 amazon
張り詰めていた彼の昂奮も急に吸われるように醒めて来た。
横光 利一 / 悲しみの代価「日本の文学〈第37〉横光利一 (1966年) 悲しみの代価 日輪 上海 他」に収録 amazon
幻滅が、再び季節風のように心に吹いて来た
林 芙美子 / 風琴と魚の町/清貧の書 amazon
阿片喫煙者のように倦怠
梶井 基次郎 / Kの昇天 amazon
のような倦怠
葉山 嘉樹 / 海に生くる人々 amazon
いつも夕暮れの中にいるようだ、寂寥たる日々
村上 龍 / 恋はいつも未知なもの amazon
睡魔が鉛のように重く、打ち克ちがたく私に襲ってくる。
平林 たい子 / 大草原「日本の文学〈第48〉平林たい子,大原富枝 (1969年)地底の歌・秘密・桜・他 婉という女・大草原・他」に収録 amazon
のように重苦しい集計時間が過ぎていく。
池井戸 潤「民王 (文春文庫)」に収録 amazon
カテゴリ検索 単語の意味
その他の感情を表す比喩表現
比喩表現のカテゴリ
表現の大区分