思考・頭の中の状態の比喩表現の例文 一覧

日本語表現インフォ > 比喩表現の一覧 > 人物の比喩 > 思考・頭の中の状態の比喩表現

思考・頭の中の状態の比喩を使った文章の一覧(301件)
注文伝票が、悪夢のように捌(さば)いても捌いてもあとからあとから増える
干刈 あがた / 干刈あがたの世界〈2〉ウホッホ探険隊 amazon
死んだ鯖の目玉のように澱んだ頭の中
中沢 けい / 野ぶどうを摘む amazon
頭が遠心分離器にかけられたみたいに旋回している
大庭 みな子 / 大庭みな子全集 第2巻 amazon
若い頭脳が、機械のように正確に動作する
柴田 翔 / されどわれらが日々― amazon
幻を見たようなあやしい気分が胸をかすめる
藤沢 周平 / 三屋清左衛門残日録 amazon
踏みつけられた蟻んこの巣のように大混乱に陥る
飯田 栄彦 / 昔、そこに森があった amazon
織るような忙しさに足を動かす
佐藤 春夫 / 佐藤春夫 amazon
毛筋ほどの疑惑も持たない
新田 次郎 / 縦走路 amazon
思考回路に被害妄想の渦ができる
島田 雅彦 / 未確認尾行物体 amazon
謙遜は愛を拒む防波堤
有吉 佐和子 / 三婆 amazon
クラッカーは僕の頭みたいに少し湿気ていた
村上 春樹 / ダンス・ダンス・ダンス(上) amazon
自分の内に、ぷつぷつと湧く疑問の泡
伊坂 幸太郎 / マリアビートル amazon
火花のごとく消えては浮ぶ空想
正宗白鳥(忠夫) / 何処へ amazon
放心状態で地面の杭になっていた
島田 雅彦 / 聖アカヒト伝「ドンナ・アンナ (新潮文庫)」に収録 amazon
構想は花束のように見事
石坂 洋次郎 / 若い人 amazon
のような無知な僧侶
徳永 直 / 太陽のない街 amazon
信じる心は、デパートの正札のように、一夜でつけ替えられるものではないのだ。
岩田 豊雄 / 沙羅乙女「獅子文六作品集〈第4巻〉沙羅乙女・信子 (1958年)」に収録 amazon
ビールの泡のように、自信が満々と溢れている
石坂 洋次郎 / 山のかなたに (1954年) amazon
ふと姉の姿が物の匂いのように心に浮ぶ。
鈴木 三重吉 / 山彦「千鳥 他四篇 (岩波文庫)」に収録 amazon
意識は冷えた陶器にも似て覚醒していた。
村上 春樹 / 回転木馬のデッド・ヒート amazon
不安な想像を水母(くらげ)の傘みたいにふくらませている
古井 由吉 / 弟「古井由吉自撰作品 2 水/櫛の火 (古井由吉自撰作品【全8巻】)」に収録 amazon
まるで隣人同士のように遠慮してしまって
林 芙美子 / 魚の序文「風琴と魚の町/清貧の書 (新潮文庫 は 1-4)」に収録 amazon
子供の落書きのような空想
安部 公房 / 他人の顔 amazon
彼は停電したようにプッツリ意識を失なった。
島田 雅彦 / 聖アカヒト伝「ドンナ・アンナ (新潮文庫)」に収録 amazon
判断の針を狂わされたように混乱した。
中山 義秀 / 醜の花「厚物咲・碑 (1949年) (春陽堂文庫〈第54〉)」に収録 amazon
正気は蒸気のように飛びはじめている。
伊坂 幸太郎 / ラッシュライフ amazon
隕石の成分ほども理解できない。
あさの あつこ「ガールズ・ブルー〈2〉 (文春文庫)」に収録 amazon
あたしが素手で熊に向かっていくようなものだろう。太刀打ちできない。
あさの あつこ「ガールズ・ブルー〈2〉 (文春文庫)」に収録 amazon
背筋に、黒く冷たい水のような感情が広がった。
羽田 圭介 / 一丁目一番地「ミート・ザ・ビート (文春文庫)」に収録 amazon
頭から煙が出そう
綿矢 りさ / 自然に、とてもスムーズに「しょうがの味は熱い (文春文庫)」に収録 amazon
大きく広がる入道雲のような夢を描き
水道橋博士「藝人春秋 (文春文庫)」に収録 amazon
カテゴリ検索 単語の意味
その他の人物を表す比喩表現
比喩表現のカテゴリ
表現の大区分